2005年12月23日

2005年をカテゴリで振り返る<アボカド栽培>

mextutobonari1.JPG めっとさん。禁じ手に走りました。

葉っぱがドーナツスピンどころか宙返りです。

mextutobonari.JPG スルヤ・ボナリーになりたかったのね。

里緒さんのページで初めて知ったアボカド栽培。
大きな種がぱかっと割れて芽を出すのがかわいらしくて、私も育て始めました。
というのはタテマエでして。
本当は、おいしいアボカド腹いっぱい食べたくて、10年後くらいにはうちがアボカド御殿になればいいなーっと。(笑)
先祖代々続いてきた“強烈な食い意地”はちゃんと遺伝しているんです。

今シーズン育てた種、59個。
うち、発根・発芽したもの、25個くらい。
うち、鉢植えにして命名したもの、18個。現在も越冬しながら成長中。

発根・発芽しても、私や家族が落として割った種がいくつか。^^;
発根しなかった種のほとんどはいわゆる「ミニアボカド」(2〜3個100円とかで売っている小ぶりなB級品)で、こいつは発芽率がとても低いのでした。(9割くらい腐った。)
普通サイズのほうは発芽率8割くらい行くんじゃないかしら。


taiyouabo.JPG

posted by どみ at 23:46| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久し振りです!どうも心配おかけしまして^_^;

めっちゃ巻いてますねえ・・トリノに出たいんでしょうか?w

うちの一人っ子はベランダで、58年ぶりの大雪にもめげずにすっくと立ってます。でも越冬させるには室内の方がいいんですかねえ?
なるべく甘やかさずに育てようと思ってるんですが(笑)
Posted by 桃吉 at 2005年12月24日 01:35
どみさん

せっかくブログを紹介していただいたのに、うちのはもう虫の息(?)でお恥ずかしい限りです〜。
どみさんのアボくんたちはみんな個性豊かで楽しいですね〜。これからも応援していますね♪
Posted by 里緒 at 2005年12月24日 14:35
桃吉さん。いらっしゃいませ。

58年ぶりの大雪ですかー?半分くらい分けてくださいよ。埼玉は雨も降りません。つまんない。
それだけ雪が降るなら絶対室内に入れたほうがいいとは思いますが(笑)。でもうまく育ったなら多くの人々に勇気を与えることでしょう。
雪にたたずむアボカド1本…。思い浮かべるだけで演歌でも歌えそうですね。



里緒さん。

虫の息…。 (+。+)
春になったら吹き返してくれるといいですね。葉が枯れて茎一本でも、暖かくなればまた元気になるって聞いたことあります。
新人さんがおられるとか。こちらも楽しみですね〜。
Posted by どみ at 2005年12月24日 23:58
59種もチャレンジされたんですか!!
発芽の仕方もそれぞれ個性があって
おもしろいですね!
もう、ほんとにびっくりです。
アボカド栽培のお師匠さんとさせていただきます!
Posted by may at 2006年01月06日 11:19
mayさん、いらっしゃいませー。
種を捨てるのがもったいなくて、59個までいってしまいました。
育ったのが17だけで良かったですよ。。。
全部育ってしまったらあやうく専業農家になってしまうところでした。

ネフのセラ(?というのかな?)、おもしろいですね。
色あいがすごくきれいですが、いったいどんな形で組み合わさっているのか、、、さわってみたい。
スムースくんもかわいいですね。
Posted by どみ at 2006年01月06日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10736492

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。