2006年01月25日

葉っぱくるん

昼は初夏、夜は真冬という過酷な気温差の縁側で越冬中のアボカド、17鉢。

昼はいいとしても、夜は……そりゃ寒いよねぇ。
だって君達のお里は南米あたりだもんなぁ。
でもここまで来てしまったら実家に帰ろうにも帰れないわけで、ここサイタマケンで覚悟を決めてもらわなくちゃならんのです。

気温差や寒さに関係あるのでしょう、新しい葉がくるくるとカールするという珍現象が多くの鉢で見られるようになりました。
寒くて寒くてじっとしていられないのです、きっと。

mariokurun.JPG この子もくるん。

tyamekurun.JPG こっちもくるん。

goroukurun.JPG 新芽もくるん。

mextutokurun.JPG 君はすごいな。

君達が入れる巨大こたつがあったらいいのにね。私も一緒に入りたい。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。