2006年02月12日

洋なしの白ワイン煮

洋なしの赤ワイン煮を作った時にコメントを下さった方が、「白ワイン煮もおいしい」と教えてくださいました。
ならば作ってみようホトトギス。

「白ワイン3:水1くらいをひたひたくらいに注いで、レモン汁テキトーにじゃーっと、砂糖もテキトー大さじ2くらい」で火にかけて、沸騰させたら弱火でお好み時間煮るだけ。
ちょっと鍋から離れた隙に、悲劇は起きたのです…。


戻ってくると、どうも鍋の中の様子が違う。
ふーん、白ワインを煮ると褐色になるのかと思ってよく見ると、なぜか油が浮いている。
ネギの切れ端のようなものも浮いている。
私が入れたはずのない物が、鍋の中にある。

1分ほどその場で考えました。
そして父を問い詰めました。すると父、

「あーそれ、煮物にするんだろ?昨日の大根の煮物の残り汁を入れといた。あれウマカッタから。




 (゚Д゚;)




父よこれは大根じゃないんだよ!
勝手に味付けすんな!残り汁入れるな!

訴えてやろうかと思いました。
哀れな洋なし達を急いでザルにすくって水洗いし、鍋もしっかり洗って途方に暮れました。
いくら洗っても私の心のなかの褐色のシミは消えないのですっ!


失意の中、再び煮直しました。父を監視しながら。
応急処置が早かったのが不幸中の幸い、おいしく仕上がりました。
白ワイン煮だと洋なしの味と香りがワインに負けることなくしっかり残って、フルーティー。
赤より白のほうがもっと合うみたい。上品な、夜のデザートです。と、努めて冷静に書いておきます。

younasisiro.JPG 大根に見えても仕方ないけど。

白ワインを煮ても褐色にはなりません!じっちゃんの名にかけて!
posted by どみ at 23:59| 埼玉 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お父様、さいこー(^o^)
たしかに大根っぽいですね。
Posted by castle at 2006年02月13日 07:10
あはははは・・・(爆)
お父上、最高でございます!
亡くなったうちの父に似ているかも・・・
うちの父も勝手に料理の味付けを変えてました。
ほんと、訴えてやるぅぅぅぅぅですよね。
洋梨は追熟を終えたものがいいのですか?
固いままがいいですか?
Posted by balooのママ at 2006年02月13日 08:24
もう 素晴らしきお父上!
お腹が痛く成る程 笑わせて頂きました。
申し訳なし・・・

今晩 早速 ・・・ と 残念な事に
頂き物の洋ナシが もうだめになってました。
急遽 リンゴがあったので リンゴの赤ワイン煮を 〜〜〜
あさってにでも ブログにのせる予定です。
Posted by Megpooh at 2006年02月13日 23:30
早速試していただいたようで、うれしいです(^^)
しかし大根の煮汁?そのまま煮たらどんなものができたのか、、、ちょっと想像してみましたが想像つかない。
早く発見できてよかったですねー

我が家では洋梨は白ワイン煮と決まっているのですが、それも赤ワインが切れていたので代わりにと入れてみたのがはじめです。そう、大人の味なんです。うふふ。
Posted by はちみつ at 2006年02月13日 23:59
castleさん。
果物を煮るという発想がウチの父にはないんですよね〜たぶん。
大根に見えても仕方ないですけど、私がいない時に手を出すのは納得いかーん。


balooのママさん。
どうして男の人は、味付けに手を出したくなっちゃうのかなぁ?(笑)
洋梨は追熟が進んだもののほうがおいしいと思いますよー。
私は硬めのものしか煮たことがないのですが(追熟を待ちきれなくて)、なんだかリンゴみたいでした。大根煮汁のせい?(笑)
今度はやわらか〜くなった洋梨を煮てみます。


Megpoohさん。
わぉ、リンゴ赤ワイン煮をお試しになりましたか?
記事を楽しみにしてますー。私は今度リンゴ白ワイン煮をやってみようかと…。(笑)
酒で果物を煮るのがマイブームとなりつつあります。


はちみつさん。
洋なしの白ワイン煮、教えてくださってありがとうございました。いろいろ楽しんでおります。^^
大根の煮汁に気づかず完成させてしまっていたら…あなおそろしや。
父に全部食わせていたでしょう。。。
Posted by どみ at 2006年02月14日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。