2006年02月26日

電子譜面

ホラ吹きトトロさんのページで発見。

楽譜もIT化 足でスイッチ「電子譜面」を開発 2006年02月24,asahi.com
http://www.asahi.com/business/update/0224/142.html

譜面台の紙の楽譜の代わりに17インチの液晶モニターが載る「電子譜面」を東芝プラントシステムが開発。
足でスイッチを押すと画面上の譜面がめくれるため演奏に集中できる。
音符を追って音も出せる。プロ向けのほか、音楽教室や教育現場での導入もめざすという。
無線LANで楽譜を取り込めるなど多機能で、50台3000万円ほど。「カラオケのクラシック版と思ってもらえれば」



2本足で立つロボットがオーケストラを指揮したりトランペットを吹いちゃったりする昨今ですよ。
電子譜面台の登場も当然の流れでございます。

もう何年も前から“自動譜めくり機付き譜面台開発”とか“液晶譜面台製品化”“試験導入”という話はよく出ていたのです。
でも、いつになってもオケの現場にはモノがやってきませんね。


  >足でスイッチを押すと画面上の譜面がめくれるため演奏に集中できる。

それは大きなメリットだわね。
弦楽器奏者は両手に楽器を持っているので、譜面をめくる数秒だけどうしても音が途切れてしまう。
弦は2人1組(プルト)で1本の譜面台を使うので、めくる時に全く音が無くなってしまうということはないけれど。
全員の音が途切れないのだから、この電子譜面はいいかもねー。
でも譜めくりのほんの数秒が、緊張の中でのほっとひと息つく瞬間になっているのも事実なんだけどねー。私だけか。あはーん。

あ、でも、“電子”を名乗るなら足元の譜めくりスイッチなんていらないじゃん。
スイッチなくても自動でページめくれるようにしてよ。

TACETの時はテレビが見られるといいな。「おっ、どうぶつ奇想天外!やってるよ〜」「阪神はどんな調子かな」なんてね。
チャンネル権争奪で沈黙の争いは必至、弦は。

あそうそう、ボウイングの書き込みとかどうするんだろ。タッチペンとか?一度使ってみたいなぁ。

でもね、私は液晶よりものほうが好きだな。手触りとかにおいとか。
ページをめくる部分の汚れ、ヨレとか製本のほつれとか、先人が残してきたものに(例え汚れであっても)触れるのがいいな。
液晶、目が疲れそうだよ。


  >音符を追って音も出せる。

それじゃー私ら必要ないかもねー。
「本日4プルト以降は空席ですが譜面台が演奏いたします。」いやーん。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | へっぽこの仕事周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう!私もこの記事見ました。いいお値段ですよね…。

先日、オルガンの師匠と「ハモンドオルガンの天板に液晶テレビを置いて楽譜表示させたらどうでしょうね」とか冗談ともつかぬ話をしていた翌日にこの記事が出たので思わず笑ってしまいました。
Posted by えり at 2006年02月27日 11:24
えりさん。
譜面台1台60万円也…。明らかに普及しないお値段。
ハモンドのような電子楽器に組み込むのは良さそうですね。
もちろんテレビ・DYD・インターネット付きで、演奏中もTACETも楽しく…。(笑)
Posted by どみ at 2006年02月27日 21:50
こんばんわぁ♪ カカオです。
電子譜面台ですかぁ、何だか凄いですね^_^;
私はクラシックではなかったので、常に譜面台がある環境で演奏した事は無いんですが、足で操作できるのは便利かも知れませんねぇ。
でもそれだけだったら、紙譜面をスイッチポンでめくってくれる方が良いなぁ。
一台60万も出したらそういうのも作れそうなのに(笑)
なんて、もう演奏する機会は無いでしょうから関係ないんですけどね^_^;

事後承諾になってしまい申し訳ありませんが、リンクさせて頂いたんですが、宜しかったでしょうか?
Posted by カカオ(ブログdeフォトコンテスト) at 2006年02月28日 00:21
カカオさん。

ろくじゅーまんですよ?!正式導入する楽団やホールがあるのだろうか…。
たかが譜面台されど譜面台。うーん。

リンクしていただきありがとうございます。
広く浅くのへっぽこブログではありますがよろしくお願いします。 <(_ _*)>
Posted by どみ at 2006年03月01日 00:19
はじめまして。
このシステムお値段はともかく、楽譜に書き込みできないのがかなりマイナスのように思います。
システム開発した人は現場をあまり知らないのでしょうねえ。近年、楽譜はコンピュータの楽譜ソフトで作成されていますから、そのデータを表示すればよい、と短絡的に考えてしまったのでしょうか。
Posted by mao at 2006年03月08日 14:25
maoさん、いらっしゃいませ。
私がこの譜面台を使ったわけではないので、機能のことは何とも言えませんが、
どうやら音楽好きの社長さんが勢いで作ってしまったようだ、というようなウワサを聞いています。(笑)
やはり楽譜は紙で充分だと思うようになりました。^^;

Posted by どみ at 2006年03月09日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13779038

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。