2006年03月18日

寝台特急「出雲」廃止

JRグループのダイヤ改正に合わせ、山陰線経由で首都圏と山陰地方をつなぐ寝台特急「出雲」が17日、大阪までの準急として誕生し58年、特急昇格から33年間の歴史に幕を閉じた。
「出雲」は1947年に大阪―大社間の準急としてスタート。72年に寝台特急として格上げ。以来1日1、2往復、東京―出雲市駅を結んできたが、利用が低迷。JR西日本は昨年12月、採算悪化と車両老朽化を理由に廃止を表明した。



小笠原の思い出に浸りつつも、もう次の旅を夢見ている私。
沖縄の超マイナーな離島中の離島もいいし、寝台特急「富士」で別府・湯布院の温泉めぐりもいいなぁ…と思っていたのだが、後者にしておいたほうがいい気がしてきた。
早いうちにブルトレに乗っておかないと!

ソフトな鉄子としてはブルトレが消えていくのは寂しい限り。
初めて乗った「あけぼの」Bソロは、寝る乗り物としては快適ではなかったものの、ひとり占めの大きな窓に流れてくる風景を追うのがとても楽しくて、「コレで日本列島縦断できないだろうか」などと考えたりしていた。
飛行機より値段が高くても、時間がかかっても、またブルトレに乗りたいと思えた。

仕事帰りに上野駅で停車中の「北斗星」「あけぼの」などに遭遇することがあるが、平日のB寝台はいつもスカスカだ。
それに車体の老朽化はトーシローの私にもわかるほど。
ヒビとハガレでぼこぼこのボディは、撫ででやりたくなる。うん、君はよく頑張ってる。

首都圏発だと、居住性の良い2つのサンライズやカシオペア、それに北斗星なんかはこれから先も活躍するだろうが、それ以外の寝台特急の縮小運転又は廃止は思ったより近いかもしれない。

私が乗るか、富士が引退するか。どっちが先になるだろう。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じく、ソフトな鉄男としては寂しい限り。
私のブログに北斗星記事がありますが、次の目標はカシオペア。
そして夢はトワイライトエクスプレス。
あぁ、乗りたい・・・・
# 小笠原にも行きたい・・・・ (^^;
Posted by castle at 2006年03月23日 22:41
昔の連れのお父上が旧国鉄でブルトレや特急の設計にかかわってらっしゃいました。
連れも、お父上の影響か鉄道小僧で、写真はもちろんのこと、Nゲージやジオラマにも凝ってました。私も、付き合ってうろうろしましたが、
なかなか、ハードな鉄道小僧だったので・・・
あとはご想像にお任せします。。。はい
Posted by balooのママ at 2006年03月23日 23:46
私の周りには鉄分の濃い人が沢山です。
chachakyさんも鉄分たっぷり、わたしも結構鉄分の濃い時期がありました。
出雲市で仕事が有った時にはもちろん寝台特急「出雲」の個室寝台でご機嫌に行きました。

そう言えばバブル華やかな頃、北斗星のサロンカーでカルテットをやると言う仕事を何回かやりました。仙台で降ろされて翌日の新幹線で帰って来るのです。ご褒美に食堂車でコースとワインなんか頂きました。今となっては懐かしい思い出です。
でも揺れて気分が・・。
Posted by にのじ@ばよりん at 2006年03月24日 00:40
castleさん。
カシオペア!いいですよねぇ。
あれが上野駅に停まっている時は端から端まで歩いて眺めちゃいますよ。
常設の、室内の模型もあります。やっぱり立ち止まってしまいます。(笑)
この電車は1人じゃ乗れないしなぁ、いつか乗れるといいのだけど。



balooのママさん。
想像してしまいました…勉強になりました。(逆イナバウアーで敬礼。)
Nゲージにジオラマに撮り鉄でございますか。ハードですなぁ。

私もむかーし、付き合ってうろうろしてたことがありますが、そんなせいで(?)この通りでございます。
あとはご想像にお任せします。。。はい


にのじ@ばよりんさん。
北斗星カルテット!すごーい!
ノーギャラでも、お金払ってでもやりたいですよ。
バブル華やかな頃って、本番の後も高級レストランとかで毎晩仕事があったと聞きました。
なんてすばらしい時代。そこに生まれたかった。。。(笑)
Posted by どみ at 2006年03月24日 00:56
あはは、どみさんも付き合ったくちですか・・・
連れによってシチュエーションが代わりますなぁ・・・
Lawyerが連れだったときは、結構ワイン通に・・・いまだに壁には記念に持って帰ってきたラベルが甘い言葉とともに、山ほど貼ってあります(それも当たり年ばっかり!)・・・後はご想像にお任せします。(爆)
にのじ@ばよりんさん
はじめまして!時々密かにお邪魔してます。
同業者の端くれです。(バシュメととの競演うらやましい限りです。ソリストと弦楽四重奏では違うけど、ピヒラーが棒を振ったときのことを思い出しました。。。)
こちらも、バブル華やかし頃、豪華客船やフレンチレストラン、高級クラブ(きれいな頭のいいおねいさんのいるとこ・・・)
で弾きましたよ!1本うん十万とかいうワインもごちになったり、フルコースも・・・
ただ、ギャラに惹かれて乗った豪華客船では
船酔いで何を弾いたんだか???ハイ
どみさん
バブルはバブルで、泡ぜには、身につきません!
入ったものは使う!かなり無駄遣いしてました。
ゆえに、残ってません!(年がばれるなぁ・・・)
地道が一番です。ハイ
Posted by balooのママ at 2006年03月24日 08:37
balooのママさん。

 >ラベルが甘い言葉とともに、山ほど貼ってあります

いやーーん!ステキすぎて鼻血でそう!
あぁ私もいつかは。。。(。-∀-)ニヒ♪
Posted by どみ at 2006年03月25日 00:37
どみさん、本当にバブルの頃は入ってきたらすぐに出て行きました。お金がもの凄い速度で通り過ぎて行ったんです。
私もシンフォニー号なんて船で運命をやりましたよ、それから六本木のシネマ・バーで古い無声映画に適当に音楽を付けるなんて仕事もやりました。
でもね、地道が一番です。

balooのママさん、初めまして。
バシュメットさんの音づくりはそれはそれは素晴らしかったです。ピヒラーさんもご一緒した事がありました、あの音も素晴らしかったなあ。弾き振りでモーツァルトをやったんですが天国に居るような気持ちになりました。
Posted by にのじ@ばよりん at 2006年03月25日 22:50
にのじさん。
地道…ハイ。
地道しか選択肢がありませんですいまのわたしには。(笑)
Posted by どみ at 2006年03月26日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15197499

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。