2006年03月17日

がんばれハカラメ

父島のビジターセンターでもらったハカラメ(セイロンベンケイソウ)の葉っぱ。
その名の通り“葉から芽が出る”。

父島のあちこちで見かける熱帯原産の帰化植物で、この葉っぱ1枚から芽が出てどんどん増え数年で釣鐘型の花を咲かせるらしい…んだけど、

hakarame2.JPG なんか元気がないんよね。

もう10日経つのに、変化なし。
帰りの船中でも明るいところに出しておいたのに、帰宅後2日間ほどカバンから出すのを忘れてました。それがいけなかったのかも。
それに、室内とは言え寒いだろう埼玉は!

ハカラメは園芸店のみならず雑貨屋さんにも売られているほどメジャーなもの。(マザーリーフとか。)
でも父島のハカラメは私には特別。なんとか芽を出してほしいな。
愛情100倍注いで観察中。


清く正しく美しい父島産ハカラメはこちら。
「なか」はこんな人間だっぺ。なかさん。
http://blog.drecom.jp/bonin_bu/archive/378
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 小笠原ハカラメ栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
船長さんからもらった我が家のハカラメも
瀕死状態です…

ただ壁に貼っておくよりも、
水切りして花瓶に挿した方がいいのかな。。
Posted by かわ。 at 2006年03月22日 22:35
トラバ&コメントどうもでした!

ハカラメは,環境にもよりますが,ブログの
居酒屋のは,発芽まで1ヶ月位でした。

ちなみに,私の部屋のは…エアコン無し暮らし
なので,発芽まで2ヶ月位要しましたかねー
気温の高低で,発芽に影響があるようです。
Posted by なっかー at 2006年03月23日 00:31
かわ。さん。
おぉ船長のハカラメ!なんか格が違うなぁ。(笑)

ビジセンのおねえさんは壁にピンで固定でほっとくだけと言うし、
他方では水に浮かべるのが一番とも聞いたことがあるし、
私もコイツとの付き合い方に悩んでマス。
海辺にわさわさ生えているようなので、湿気好きなのかなと思い、最近は水に浮かべてます。
なっかーさんコメントによると、発芽まで2ヶ月だって。
2ヶ月枯らさなければ、望みあるかもよー!



なっかーさん。
ハカラメの師と呼ばせていただきます。。。
発芽に2ヶ月かぁ…うちはまだまだなのね。
愛情100倍を1000倍に増やして見守りたいと思います!
お返事ありがとうございました。
Posted by どみ at 2006年03月23日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15198597

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。