2006年04月08日

オーケストラ楽器別人間学/茂木大輔

あなたの運命は楽器が決めていた!まさかと思ったホルン奏者のあなたは山奥育ちですね。ファゴットを始めたあなたは、最近お人好しになってませんか。友情に篤い人にはトランペットがお勧めで、某首相にはバス・クラリネットがお似合い。これはすべて科学的?な結論です。楽器と人の関係を人気オケマンが、爆笑的に論じる禁断の音楽書。あなたが演奏すべき楽器が、これで決まる。


この本を読んで「楽隊になろう!」と人生を決めてしまった人がいる。わたしである。
それくらいこの本はすごい。とにかくすごい。私はこの本に自分の居場所を見つけてしまったのである。
学生の頃から繰り返し読んでいるが、電車の中では読めない。腹筋がよじれてしまうのだ。

どんなヒトがどんな楽器を選ぶのかの「楽器選択運命論」、いかなる楽器がいかなる性格をつくるのかの「楽器別人格形成論」…というと何やらムズカシゲだが、プロ、アマ問わず「オケ・プレーヤーなら漠然と気づいている楽器と人間との不思議な関連性」(本文より)がおもしろおかしく、しかし真実がすぱぱぱぱんと書かれている。
誰かが書きそうで誰も書かなかった事を、作者は本にしてしまった。
楽器に縁のない人ほど、読んでほしい。(笑)
のだめカンタービレに出てくるキャラがなぜああなのか、この本に答えはある。

私自身、自分の性格と自分が演奏する楽器との関連性を、この本の中にはっきりと見出している。「あ、だから私の性格ってこうなんだ、やっぱりねぇ」と。
読み進むたびに音大の同級生や仕事仲間の顔も浮かんできて、また笑わせられる。


楽器別デートマニュアルや、楽器の組み合わせによる良い宴会・悪い宴会論も。(笑)
一番笑ったのは“楽隊文化祭”。
“フルート組”“トランペット組”“ヴァイオリン組”など各楽器プレーヤが集まったクラスが文化祭で展示・模擬店をやるならどんなことをしでかすのか。

ヴィオラ組→模擬店ほのぼのマッサージサロン
    ベッドを教室に配したなごみの場所です。
    なお、マッサージはお客様同士でお願いします。
    店員でベッドがふさがっているときはご容赦ください。(*´Д`);∵ぶっ


オーケストラ楽器別人間学
オーケストラ楽器別人間学茂木 大輔

おすすめ平均
stars漫画も大人気!
stars演奏家はもちろん、そうでない人も
starsクラシック音楽は面白い!
starsありそうでなかった、楽団員必携の書
stars茂木節炸裂!!彼の観察力に誰もがうなずき笑う!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽器別適性判別テスト(管打楽器)をやってみたら、私に向いている楽器はファゴットであった。……よし、転職するか!(つーか、なんで弦がないね?)
実は私、高校で吹奏楽部に入部した妹に迷わずファゴットを薦めた前科があるので、やっぱりこの結果はあなどれない。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック音楽の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お、文庫化にあたってだいぶ加筆があったようですね。
単行本は持ってるんですが、文庫も買わなくちゃ。
茂木さんの文才にはいつも脱帽してます。(^^)
Posted by でじまま at 2006年04月14日 16:52
でじままさん。
そうなんす、その加筆部分がまた絶品なんですよー!
私も単行本を先に読んだのですが、古本屋で文庫を見つけたので、即買いました。

オーケストラ人間的楽器学〈上・下巻〉というのもあるようですね。こちらも読んでみたい。
どっぷりはまりそうでコワイくらいです。
Posted by どみ at 2006年04月14日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16446042

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。