2005年02月13日

ガラスのヴァイオリン

テレビ東京の番組「ミューズの楽譜」を何気なく見てたら、
ガラス弦楽器製作で最近株価のよろしい(?)ハリオグラスのCMが流れましたよ。
そこで初めて音、聞いたサ!ガラスのヴァイオリンサ! (ガラスのチェロ参照)
この番組の司会をしている、ヴァイオリニストの川井郁子センセイが弾いてます。

おぉ〜ちゃんと鳴ってるよ!

もちろん生音じゃないので何とも言えませんが、ヴァイオリンの音だ。
あらいいじゃない♪ただし、音が遠くに飛ぶかどうか。演奏者を選んだりして。

ってゆーかそれより!!
川井郁子センセイ。スケスケヴァイオリンが似合いすぎ。
そのヴァイオリンは川井センセイが弾いてこそ映えるってもんです。
音も姿もお色気ムンムン、ちょっと腰ふってちょっと口あけて目は未来を見ていらっしゃる。
そのスタイル私も見習いたい!!オケでやっちゃダメ? パンチむかっ(怒り)


後光を浴びて輝くスケスケ&妖艶教授を見たい方はコチラ。
クリックしてスグ出てきます。
川井郁子オフィシャル・サイト http://www.ikukokawai.com/

弦四のきれいなおねえさん達と、ガラスのチェロ製造工程を見たい方はコチラ。
ハリオグラス株式会社 http://www.hario.com/
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ⛄| Comment(3) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
忘れなかったら来週『ぬくもりのない冷たい響』を是非聴いてみたいと思います。
Posted by くあい at 2005年02月14日 23:00
ガラスのチェロ製造工程を見て参りました。
こちらの写真はテールピースの色が変わっているような・・・白または透明?

あのチェロの形は、溶かしたガラスに人が息を吹き込んで造っていたんですね! もの凄い肺活量と腕力の持ち主です。> 職人金野さん。
ところで、確か次はコントラバスを造る計画でしたよね・・・職人金野さんのご苦労が案じられます。
Posted by もとよし at 2005年02月15日 00:52
くあいさん、ぜひ音を聴いてくださいね。
CMはネットでも見られます。
http://www.hario.com/whatsnew/cm/index.html
ガラス誕生編 (3.64MB)
音が出るのはあのセンセイが弾くからだと思います。スゴイ。
私はガラス楽器はさわりたくないですよ〜。
楽器を抱えてデパートの陶器コーナーを歩くのと同じくらい怖いですってば。

職人金野さんが吹いていたんですねー。
あれにはびっくり。
コンバスも吹く…んでしょうね。。。

もとよしさんのブログのわんこがとてもかわいいです。
今日も遊んでもらいました。^^
Posted by どみ at 2005年02月15日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1931793

この記事へのトラックバック

G線上のアリア
Excerpt: 千住は本CDのノートに「ストラデイヴァリウスは(本来の)音を出すのに5年かかる」と記している。そして、彼女が愛器を手に入れてから、ついに5年が経ったのだ。曲は、誰もが知る名曲と、昨今NHKの番組の主題..
Weblog: ヴァイオリンをたくさん集めました
Tracked: 2008-01-19 09:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。