2006年07月10日

ハカラメの腹の内は

お江戸ベランダのハカラメ。 hakarame21.JPG
めきめき大きくなって高さ21cm。
私が小笠原から葉をもらってきた時と同じくらいの大きさの葉がいくつも伸びています。

鉢に雑草が生えてきたので抜いたら、

hakarameshin.JPG あら、なんとまぁ!

雑草ではなくてハカラメの新芽でした。
3月の水栽培時代に一番初めに生えてきた葉が土に落ちて、その場でなんともう子を吹いて根付かせていたのです。
親指の先っちょくらいの小さな葉だというのにスゴイ!

おぬし、チビのくせにやるな…。
実力をあげてきたな。本当はかわいい顔してババンバンじゃないのか?
帰化植物の強かさを見せ付けられたのでした…。


ということで、ハカラメがあまりにもイケイケなので、
ハカラメゲリラ作戦を開始します!

葉が子を吹き次第、ドクダミを筆頭に雑草生い茂る前庭(半占有)や通路(共有)にうっちゃります。(生態系を破壊しない程度に。)
もしそこでもこっそり育ってくれたら楽しいじゃありませんか。
アブラムシがついたら責任を持ってユビデトールを使います。(指で絞めます。)
この建物が「メゾンハカラメ」とか「マザーリーフマンション」に改名されたら楽しいじゃありませんか。アハー。

お江戸の冬をのりきれるかと、時々草刈りにやってくる管理人さんに命乞いできるかが勝負です。
勝率は五分五分だと予想されます。
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 小笠原ハカラメ栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
そちらのマザーも元気ですね!
やはりこの季節はどこで育っても、同じようなかんじで育っていくものなのですね。
TBいたしました。
よろしくお願いします。
Posted by gogomexico at 2006年07月14日 14:33
 お江戸も温暖化で・・・ ん〜 育ったりして。
 以前 ネイチャーへの報告を待ってもらったシベラスなんとか生きてたようです。
 覚えてますか?

 おばちゃんはTBとかよくわかんないので ブログ見に来てください f(^-^; ポリポリ

Posted by miyo36 at 2006年07月14日 21:35
gogomexicoさん。
いらっしゃいませ。
gogomexicoさんのマザーリーフ、葉がわさわさとすごいですね〜!うちもこうなるのかしら。なるといいな。
これまで過保護に育ててきたのですが、マザーリーフってかなり“つよいこ”ですね。
過保護はやめました。放任でいきます。(笑)


miyo36さん。
シベラス、拝見しておりましたよ。
そちらへ参ります!≡≡≡(((((((((((っ・ω・)っ ブーン



Posted by どみ at 2006年07月15日 00:24
うほー!なんとまぁ立派に育ってますね、ハカラメ!
葉の1枚や2枚アブラムシに齧られてもぐんぐん伸びていくはず。
「メゾンハカラメ」めざして、計画実行しちゃってください!(^_^)
Posted by 青い鳥 at 2006年07月18日 23:37
青い鳥さん。
わーい、いらっしゃいませ。
ハカラメってホントに元気なヤツですね。
小笠原からいただいた大切なエリートハカラメなので過保護に育ててきたのですが、もうその必要もありませんわ。放任でいきます。(笑)
実家のほうでも枯れかけたものが突然復活したりして、鉢が増えるばかりです。^^;
Posted by どみ at 2006年07月19日 01:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。