2006年07月23日

水鉢の夏

実家玄関脇の癒しエリア、水鉢。 suiba07212.JPG

2シーズン目になりました。
1つの水鉢にウォータークローバー、シラサギカヤツリソウ、オオサンショウモ、タヌキモが同居しています。
越冬した後は少し元気が無くなるのではないかと思っていたのですが、いーんやもう、放置栽培でこんなにわさわさと茂ってくれてうれしい限り。
実家に帰ると、まず玄関に荷物を置いて水鉢を触って眺めて水をやり、アボカドとマンゴーに挨拶をして、御曹司(ラブラドール)を軽くいなすという癒しコースが完成しました。

suiba0722.JPG シラサギカヤツリソウ。

別名シューティングスター。もうね、このたくさんの白い花がいいの。

鉢には水を貯めっぱなしにも関わらず、ボウフラは見かけません。
よく遊びに来るカエルが召し上がっているのかもしれません。

今年も咲いた、タヌキモの花。 suiba0720.JPG

他の植物にパラサイトしてやってきたタヌキモ。
こんなかわいい顔して食虫植物。水中で微生物を召し上がっておられます。


水鉢の春
水鉢の冬
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 苔・苔玉・水鉢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなにもたくさんの花々が、どみさんと美を競うの図、いいですね。
見事です。
Posted by ensemble at 2006年07月27日 14:33
ensembleさん。
美を競う!
美を競う!
美を競う!

夜空を見上げて3回つぶやいてみました。
明日はちょっと濃い目に化粧してみようと思います。
Posted by どみ at 2006年07月28日 00:10
シラサギカヤツリソウは花なのか葉っぱなのかって感じで面白いですね。
カエルが遊びに来るなんてビオトープとしては理想的で楽しそうです。
Posted by ミミレオ at 2006年07月28日 01:45
ミミレオさん。
わぁ、ようこそおいでくださいました。
シラサギカヤツリソウはたくさんあるとキレイですよ。
枯れたままでも起立しているので、放っておくと秋ごろには水鉢が花束のようになります。(笑)

ミミレオさんの鉢は浮草がたくさんですねー!
私も浮草の鉢を作りたかったのですが、タヌキモの大繁殖で、浮草を入れるどころではなくなりました。(笑)
メダカも泳げないくらいの密集率です。

タヌキモ、ムジナモ、同じようで違うのもおもしろいですね。
Posted by どみ at 2006年07月29日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20663759

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。