2006年07月21日

咲いちまった悲しみに

蕎麦の花です。

soba0721.JPG

これ、もともとはスプラウト(芽)を育てて食べる栽培キットです。
処分価格で安売りしていたものをなんとなく買って蒔いてみたら、ホントに芽が出ました。
スプラウトは栄養価が高いんだとかで、5cmくらい伸びたら摘んでサラダにして食べるつもりでしたが、爆発的壊滅的集団的大生長を続けるプランターのHG(シソ)に気を取られたり数日間留守にしているうちにあれよあれよと伸びて、今では50cmくらいに。。。

soba720.JPG こんなに大きくなっちゃ食えないねー。

露地ものに比べたら随分ひよわいですが、手のひらサイズの缶でここまで伸びたことに対してはノーベル努力賞が授与されるべきです。

よし、実を採って倍に増やしてやろう。
来年は蕎麦打ちだ。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あるあるあるあるあるあるwww

これは、アレですね…
節約しようとして小ネギの根っこ植えて、
気がついたら葱坊主に成長してるパターンですねb

でも、先生ノ
コレが倍になったとしても、その位の実の量じゃ…
ホントに打てたら、ノーベル手先が器用賞が授与されちゃいますよ〜
 はっ( ̄□ ̄;)ソレが狙い!?

Posted by うじゅん at 2006年07月25日 21:31
うじゅんさん。
しまったー!これだけでは蕎麦に足りないのかぁっ!
来年ミミズサイズで食べるか、10年後にどんぶりで食べるか、悩ましいです。
Posted by どみ at 2006年07月25日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。