2006年08月03日

ドリーム・オン・アイス2006

8月3日に放送された「ドリーム・オン・アイス2006」の感想。
印象に残った舞姫たちを。


武田奈也さん
名前はよく目にしていたけれど、スケーティングは今日初めて見た。
とにかくかわいいなぁ。昔のヒロスエみたい。華があるし。
スリムなわりにはジャンプは重そうだけど、ビールマンスピンは手の位置が高くてほんとうにきれい。
次はいつ見られるかな。好きになってまうかも。


安藤美姫さん
いいと思う!
スリムになった?てか、キレイになった!
去年までの彼女は、強いけれど美しくないなぁと思っていた。
だからあんまり好きじゃなかったのだけど、今シーズンは好きになりそう。(笑)
技の一つ一つに美しさがプラスされたみたい。すごいすごい。
初めて彼女を「また見たい」と思った。
舞いがちょっとしーちゃんに似た?


浅田舞さん
ジャンプの飛び方は妹さんとそっくりね。
スローテンポな曲を得意としているみたいだけれど、アップテンポでのスケーティングも見てみたいな。


太田由希奈さん
待ってました、彼女を!
世界ジュニア選手権とジュニアグランプリファイナルで優勝、しかしここ2年ほどは重いケガのために大会などには出場していなかった。
昨シーズンまでスケート連盟の特別強化選手に名を連ねていながらも、若くして“伝説のスケーター”になってしまっていたのだ。

で、いったいどんなスケーターなのか。

エレガント。とにかくエレガント。
柔軟性も高いし手の動きがとても美しい。
スパイラルの美しさはコーエンに並ぶと思う。
浅田真央に強敵現る、という印象。
残念ながらケガが完治することはないそうだが、滑れるなら世界選手権くらい行けるのではないだろうか。また見たいな。
リレハンメルオリンピックの女王・オクサナ・バイウルを思い出した。


浅田真央さん
ナッツクラッカーだとオコチャマすぎるし(ハマリ役だけどね)、ハバネラだと線が細すぎるし、なかなかぴったりくるのがないんだよね。
今は転換の時期だろうか。彼女なら今シーズンをそう使ってもいいと思う。
ジャンプはやっぱり世界一美しい。スケーティングの軽さも好き。
あとは色気をつけるだけよ。


荒川静香さん
プロに転向しても、しーちゃんはしーちゃん。
他の舞姫とはやっぱり持っている華が違うわ。強くて美しい。
スピンの入り方一つにしてもジャンプ着地後の次の技に移る動きにしても、絶品。とにかく隙がない。
トリノのフリーをもう一度滑ってほしいなぁ。録画しなかったことを悔やんでます。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。