2006年07月31日

蕎麦の実はなったけれど

蕎麦の実。 sobanari.JPG 

ノーベル努力賞受賞の、ベランダの虚弱っ子・蕎麦。
枯れた花をよーく見たら、なんと実がついていました。
蕎麦の実、3粒!こうやってなるのかぁ。

でもちょっと待って。

 ……これだけ?

あんなに花が咲いたのに、こんなもんですか?
来年はマイ蕎麦の実で蕎麦打ちするつもりだったんですけどー、これじゃあそば粉にもならないかもしれないじゃないか。
10粒の種を蒔いたのは今から2ヶ月ほど前、梅雨真っ最中でした。
そして収穫できるのは10粒もないかもしれません。もうけがありません。

まぁ、「缶」栽培だからね。しょうがないか。蕎麦茶にでもしてみましょうか。
ベランダ栽培で蕎麦打ちするなら、大きなプランターでがっつりやりましょう。
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21949166

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。