2006年08月10日

動輪の広場

東京駅地下の動輪の広場にて。

dourin.JPG 












この地下駅は
次代をめざし
鉄道100年の技術を結集して完成した。



なんて簡潔で美しく、誇り高いフレーズでしょう。
こんなに自信にあふれた日本語に触れたら、鉄男や鉄子じゃなくてもカメラに収めたくなっちゃうでしょう、ね?(と同意を求める)

蒸気機関車の大きな動輪で知られている、丸の内地下北口の広場です。
http://www.tokyoinfo.com/guide/station/meet.html

1972年(昭和47年)7月15日 - 総武本線の地下駅(総武地下ホーム)が開業。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京駅にこんなプレートがあるとは…
今度通る機会があったら見に行ってみます。

東京駅といえば、東海道新幹線の中央通路奥に
「この鉄道は日本国民の努力と叡智により完成した」
という、これまた壮大なレリーフがありましたっけ。
Posted by かわ。 at 2006年08月14日 13:48
OAZOの入り口のところですよね。ガラスケースの中で煙をふかす動物が観れるところですよね。
ここには、いつも閉鎖されている、さらに地階に下りる階段がありますが、あの先はどうなっているのでしょう?鉄子さんの威信をかけて、どみさん調べてきて!!
Posted by akisute at 2006年08月14日 21:56
>こんなに自信にあふれた日本語に触れたら、鉄男や鉄子じゃなくてもカメラに収めたくなっちゃうでしょう、ね?(と同意を求める)

 なります!(ダンコ!)

 でもこういうかっこいい記念碑(?)を見ると、鉄男や鉄子になってしまいそうです。
Posted by 左近 at 2006年08月15日 00:52
かわ。さん。
「この鉄道は日本国民の努力と叡智により完成した」
こんな力強い一発系(プロジェクトXみたいなの)に最近弱いです。トシかしら。
しかもそれが注目されていなくて少し埃をかぶっていたりすると、ハンカチでそっと拭いてやりたくなります。トシですね。あぁ。
次はいつ東海道新幹線に乗るかしら。


akisuteさん。
 >閉鎖されている、さらに地階に下りる階段
えーっ、それは知らなかった!
どこでもドアのようなものかもしれませんね。近くでドラえもんが煙草吸ってませんか?


左近さん。
あれ、左近さんは鉄男じゃなかったんですか。(笑)
男を見たら鉄男と思えと教えられてきたので、意外です。(嘘です。教えられてません。)
Posted by どみ at 2006年08月15日 02:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22314658

この記事へのトラックバック

RSS/トラックバック・ピープル
Excerpt: #side(): Already set: SUB_MENU01 駅情報RSS ▲ ▼駅を訪ねる RSS 北海道廃止目前駅をめぐる旅(その19)伊達紋別駅・稀府駅・洞爺駅 動輪の..
Weblog: 居酒屋呑兵@Wiki (PukiWiki/TrackBack 0.3)
Tracked: 2006-08-26 09:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。