2006年08月16日

はまじの逆襲

実家アボ。太陽の下で元気にしていました。

yonnni816.JPG アボ42号こと“よんにさん”。

地植えにして2ヶ月ほどは生長を止めていました。
生長に一番良い季節にも関わらず新芽は出ず葉も伸びず、新しい土に馴染まなかったのかと心配しましたが、今回の帰省で伸びている様子を見て一安心。
地植えなので、葉っぱは虫食いもあり。まぁ、それでもいいじゃないの。
種から育てて1年2ヶ月、高さは60cmほどになりました。


しかし、これよりでかいアボがいました。
東京宅にUターンする途中で立ち寄った妹宅でびっくり。
13鉢の中で最大級のアボは、なんとこいつでした。

ただいま77cm! hamaji77.JPG 

妹宅に養子に出したアボ12号こと“はまじ”。
種から育てて1年4ヶ月です。

お部屋にグリーンがほしいな〜という妹のリクエストに、優しい姉である私はアボカドの鉢を持たせてやりました。昨夏のことです。
マンションで大きくなりすぎて困らないようにと、数あるアボの中でも小ぶりだったはまじさんを選んだのですが、居心地が良いのか何なのか、こーんなにでーっかくなっちゃったよ。
足元の輸液とネコ科のフィギュアが絶大な効果をあげているのかもしれません。
鉢の高さを入れれば1mを超えます。




……負けた。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どみさん、こんにちは。
すごいですね!はまじ。
輸液というのは液体肥料の事ですか?
私も使おうかと思うのですが。
やっぱり猫のフィギュアも用意した方が?
金魚鉢の食玩ならあるんだけど、試しにおいておきます!(笑)
Posted by mine at 2006年08月26日 16:58
mineさん。
輸液とは液体肥料ですよ〜。
そんなもんやらなくても育つわいと思っていたのですが、かなりキキメあるのかも。
ネコ科のフィギュアはタイガーです。(笑)
Posted by どみ at 2006年08月26日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22478171

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。