2006年09月22日

五香辛焙じ茶(緑碧茶園)

シナモン、ペッパー中心の五種のスパイス「五香辛」で、焙じ茶を刺激的なスパイスティーに仕上げました。ミルクで煮出して、特製チャイはいかがですか。(緑碧茶園カタログより)


いかがですか、なんて勧められると、あらあらそうですね、なんて思うのです。茶葉はまさにチャイ香だもの。
ベースは焙じ茶なのでお湯出しアイスティーに。(焙じ茶で水出しアイスティーはんまくない。)

焙じ茶にシナモン、カルダモン、クローブ、ホワイトペッパー、ブラックペッパーが入ったと聞けば、インド人はびっくりよ。入れすぎだってば。
ま、でも私はもう驚きません。
ルピシア(旧レピシエと緑碧茶園)は、コーヒー味の紅茶やラムネの香りの緑茶、洋酒の香りの紅茶やはたまた海王星を名乗る緑茶なんてのも出していましたから。あ、今もか。
どのお茶屋さんにも無いヘン茶の王道を歩み続けています。
そこは尊敬されるべきです。うへ。

煮出してみると、スパイスはそれほどきつくなく。相殺し合って中和しちゃったか?(笑)
ほんのり辛みが残るものの、食事の邪魔をするほどでもなくて意外におりこうさんにしている。アイスティーにしたからかな。薄っぺらくて心地よいぴりり。
淹れかたも大雑把でオッケイ系。


このお茶、ルピシアになって即カタログ落ちしたので、今じゃこのお茶を買って飲もうと思ってもムリです。
なぜならもう売ってないから。

それ以前に。

賞味期限が切れているからー!(飲んじゃったー。)






未開封ながらスパイスにパンチが感じられなかったのは、きっとそのせい。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ルピシア(緑のお茶) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。