2006年10月25日

音渦巻く

saji.JPG


口ではうまく言えないけれど、なんだかものすごーく気になってしまう。
あら、えぇ、まぁ、どうして、でも…な、一枚。





赤坂鳥居城回廊より
posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか…客席の向きが微妙に違っているような。
あと、聴衆が(汗)
Posted by かわ。 at 2006年10月28日 12:49
かわ。さん。
これねー、鳥居城の楽屋通りの廊下にでかでかと掲げられている巨大合成(?)写真なのです。その一部を写したものです。
楽隊もお客様もみんな同一人物です。
左のほうの客席では寝てる人がいますねー。豪快でいいですねー。
コンマス氏が見当たりませんが、どこ行っちゃったんでしょう?
これ、くらーい楽屋通りなんかにしまっておかないでロビーに出せばいいのに。(笑)
Posted by どみ at 2006年10月28日 23:08
後ろのパイプオルガンに、帽子を被った司教様の顔が飾ってあるように見えるのは気のせいでしょうか。
(外国映画に出てくる、壁にかけた鹿の首みたいな感じ)
Posted by castle at 2006年10月29日 23:53
castleさん。
あ、すごい。そんなところまでよく見ていらっしゃる。
そう見えないこともないのですが、ここは何の細工も施されていないようです。
でも司教様ですか…見るたびに思い出し笑いしてしまいますー!どうしてくれるんですかぁー。(笑)
Posted by どみ at 2006年10月30日 07:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。