2006年11月27日

庭アボよ、これが冬だ。

2006年ミス・アボカド日本代表の私は、実家の庭で3本のアボカドを育てています。

moze88.JPG もーぜさん。

こいつはよく伸びた。鉢から地に移して半年になります。
ここふた月では8p伸びて、高さは88p。
これくらい伸びれば、武州国の寒さにも耐える体力はあるはず。…と願ってみる。
本当はビニールハウスでもかぶせてやりたいけれど、これくらい大きくなってしまうともう無理です。
霜よけのために、足元に稲藁を敷き詰めてやるくらいしかできません。
実家アボカド御殿計画のためには、まずこの冬を乗り切ってもらわないとね。
イチに忍耐、ニに忍耐。サンシも忍耐ゴも忍耐。わはは。


ながれぼしさん。 nagaret.JPG うーん、悲しい。 

鉢植えの時からひ弱っ子だったんだよねぇ。
夏の間行方不明でしたが、雑草が枯れるこの季節にやっと発見。
私は線香を育てたいんじゃないんです。春に新芽が出てくることを期待します。

yonnniwara.JPG よんにさん。

苗42本目だから、よんにさん。
高さ64cm、寒くなってもまだ新しい葉が伸びています。
稲藁を敷きつめてやったので、気分はハイジでいることでしょう。
あ、あれは干し草だっけか。


鉢アボちーむのみなさん。 abonoko.JPG

2度目の冬を今年も縁側(室内の廊下)で過ごします。
光量不足が心配。うちのおかんは朝晩カーテンを開け閉めしてくれるだろうか。ムリだな。
やはり、鉢アボよりも庭アボのほうが、葉の血色が良いです。
鉢底から根がコンニチハしている苗もあることだし、来春には地植えにしてあげましょう。


というように、2006年ミス・アボカド日本代表の私は48日ぶりの休日を実家でアボカドとマンゴーとの世話に費やしました。
東京に帰ったら、アボカドのかぶりものをまとってマスコミとスーパーマーケットを行脚し、アボカドをアボガドと呼ばせない啓蒙活動に徹する予定です。
打倒タラコガールズ。ミス・アボカドはオトナの色気で勝負です。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい色の葉が出ていますね〜
家はダメだと思って庭に捨てたものが3本発芽
1本はダメでしたが 2本はなんとか育ちつつあり・・・
どみさんのように 丁寧な育て方ではないのですが・・・
今日あたりはまだ新芽が開いたりして
びっくりしていました。 でもまだ 50cm位です。
Posted by Megpooh at 2006年11月29日 17:15
Megpoohさん。
わーい、お師匠様んちのアボカドも育ってますねー。楽しみ。
東京はやっぱり武州国ほど寒くないなと、住んでみて初めてわかりました。
これならアボカドも乗り切れるなぁ、と。
武州国の実家ではどうなることやら。(笑)
Posted by どみ at 2006年11月30日 00:33
やっぱり地に足の付いたアボさんは、色艶もよろしいですね。

2ヶ月で8cm伸びたって?
我が家のチームぢゃぼのメンバーにも聞かせてやりたい。
購入してから今日現在まで、新芽一枚しかでてこない(゚Д゚)
サボりすぎにもほどがあります(笑)
Posted by まめたろう at 2006年11月30日 12:17
まめたろうさん。
冬は生長を止めると言われるアボカドでございますが、秋めいっぱいぎりぎりまで伸びてやろうという意気込みが感じられますです。
まめたろうさんちは新芽一枚ですかー。
なだめてすかしておだてて、ニンニク入りリポビタンでも与えれば、元気倍増まちがいなし。
Posted by どみ at 2006年12月01日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。