2005年04月13日

857 パタータ

ほくほくの焼き芋の香ばしさと甘さが紅茶になりました。ミルクとお砂糖を加えれば、まるでスイートポテトのようなまろやかさに。
(テイエ2004年4月のカタログより)

去年4月に池袋店で購入。パタータとは、イタリア語で「じゃがいも」のこと。
実は、レピシエで初めて買った紅茶がコレだったのです。

だって「焼き芋」ですよ?「スイートポテト」ですよ?そりゃぁ気になるわ。
けどね、数多くあるレピシエの紅茶の中から初のチョイスがコレというのは、とてもデンジャラスな選択でした。
王道ダージリンや実力のクラシックブレンドなんかをすっとばしていきなり「パタータ」ですよ。性格がわかるというもの…。(笑)
それもホットではなく水だしで。一口飲んで「?」、もう一口飲んで「??…」
味も香りも悪くはないのですが、イモじゃねーぞオイ!といいますか、
カタログの文につられてイモを求めた私が悪かったといいますか、
そもそもイモ紅茶なんて名前が悪いんだといいますか、
イモじゃないことは確かでした。
ならば何かと申しましても、例えようがない不思議な味。
ほんのり甘いし香りもいいんだけど、「エニグマ風味」としか言いようがありません。
今は無きどみ評価をつけるならば、★2つで。

しかしこれにも懲りず、私のお茶ライフは広がり始めるのでした。

このパタータ、今ではカタログ落ちしました。やっぱりね♪という感じです。
しかし、名を変えて(エニグマとかね)復活しそうな気がしないでもなくもなくなくない?かも。爆弾
posted by どみ at 21:55| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ルピシア(紅のお茶) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
私が持ってるカタログには載ってないので、
カタログ落ちしてるんですねw
ちょっと気になるのですが、エニグマ風味ってどんなものですか?
実は友人にエニグマって言うHNの人が居るんで、
気になってます...
Posted by ぷれま at 2005年04月14日 20:14
ぷれまさん、ども〜。^^

エニグマって、確かギリシャ語で「謎」という意味です。
なので、パタータも謎ってことで〜♪にしたかったんですけど、それじゃレビューになってませんね。(ヒトリツッコミ)
ベースはたぶんキームンだと思いますけど、ケミカル系の香料に隠れ気味です。
それでも味と香りのバランスはいいので、何風味かわからないものの、不思議とまとまっている感じがしました。
一言で言うならまったり系です。

「エニグマ」っていう名のミュージシャンもいますよねぇ。たしか。
Posted by どみ at 2005年04月14日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2934196

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。