2007年01月11日

娘の結婚とは何たるか

実家に帰ったら…

fuse1.JPG リビングがこんなんなってた。

妹が今夏に結婚式を挙げることになった。
はれて新婦となる妹と、父と母の3人で、さっそく軽井沢の結婚式場巡りをしてきたというのだ。(新ダンナは仕事なので抜き。)
リビングの天井で申し訳なさそうに揺れるこの風船は、式場での戦利品らしい。
3人で行って風船5個かよ。それはちょっとズルじゃないのか。

模擬挙式や模擬披露宴に参加すると、たくさんお土産がもらえるらしい。
花束やらケーキやらワインやら、実家のテーブルにはおよそ似つかわしくない色とりどり華やかな物が山積みであった。盆暮れ正月が3年分まとめてやって来た感じである。


昔は青っ洟ばかり垂らしていて、4歳になっても「ちゃんちゃい(三歳)」としか言えなかったあのチビ妹がケッコンするというのだからたいしたものだ。
亥年は自然災害が多発するらしいから、これもまぁ仕方がない。
先を越された姉としては、こういう時に地団駄踏んで悔しがるか、新婦の姉(妹思いの優しい姉)を気取って新郎側に良い印象(私の)を与えることに徹するのがよろしいのかもしれないが、私はそんなことよりもっと重要な、気になることがあるのだ。

うちの父に、本当に花嫁の父が務まるのだろうか。

会席大嫌いでワガママ放題で、まるで5歳児のようにじっとしていない父である。
どこに出しても恥ずかしい父なのである。

まず、結婚式場の模擬披露宴に出席したというだけで驚きだ。
父なりに少しは成長したのだろうか、あるいは何かに騙されたのだろうか。
テーブル席での試食会で、フカヒレやドンペリを大人しく味わってきたらしい。
「あのフカヒレは冷凍モンだったけどな。」などとわかったようなことを言いながらも、きっと美味しかったのだろう、父にしては穏やかである。
それだけではない。妹と母とのオンナ同士の会話に父がちゃんと参加しているではないか。

妹 「デザートはどれもおいしかったよね。」
母 「あの式場はお料理はいいけど会場がイマイチねぇ。」
父 「階段が多かったしなー、爺様婆様は大変だよなー。」
妹 「でもあのケーキ食べたいなー。お土産開けようよ。」
母 「ケーキ包丁って、温めるとよく切れるんだよねー。ねー?」
妹 「半分個だべ?半分半分!」
母 「ワイン飲むー?」
父 「栓抜き持って来い!」

一人黙々と“峠の釜めし”を味わう私の横でワインかよ。
釜めしには緑茶か麦茶だろうがオイ。とは言えない。
私は、ポン酒一筋の父がワインを飲む姿を生まれて初めて見たのだ。やはり今年は亥年であった。

そうして3人で顔を合わせて言うのだ。
「会場めぐりって楽しいねー。」
「ねー。」
「ねー。」




私も結婚式場巡りしようかなー。

一人で。




風船は御曹司のおもちゃになりました。
fuse3.JPG 素手で叩き割り。
posted by どみ at 23:59| 東京 | Comment(9) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自然災害。。。ですか。。。

いいなぁ、御家族の皆さん、楽しそうで。

式場見学、今までも数多くなさってきたのでは?と思うのですが?
私は教会行けば、それが即「式場見学」です。
クリスマスも「式場見学」でした(笑)
Posted by hide at 2007年01月13日 16:19
hideさん。
えぇ、皆さん楽しそうでいいデスネー。アハハ。なーんてね。
理解ある新郎のご両親のおかげで、うまくいきそうでございます。
自然災害と言ってもガハハと笑える家族でございます。と信じますです。(笑)
式場は数多く行きましたが、行くたびに「こんなところで自分の結婚ショーしてたまるか」という思いが募るばかりでございました。
Posted by どみ at 2007年01月14日 10:00
そんなお父上にも胸に迫るものがあるのでしょう。

オルガンのお手伝いをしていたときは「ああ、このふたりにもこんなドラマがあったんだあ」と毎回感動してました。

式場めぐり、楽しいですよ。でも一人で行くより彼かお母さんと行くのが最強。「お嬢様お嬢様」と連呼してもらえますよー。本番ではまず着ないドレス試着しまくり、ケーキもあれこれいただき、と。また行きたいなぁ(笑)。

あ、今年もよろしくお願いします。
Posted by えり at 2007年01月14日 11:22
軽井沢で結婚式ですか〜?
なんだか、はいそでせれぶでおされ!ですね。
式場巡りは参加したことないけど、結構楽しそう。
でもいくら一人旅が好きでも、一人式場巡りはどうかと…(^-^;)

どみ家今年最大のイベント、ご成功をお祈りしています(^^)
Posted by まめたろう at 2007年01月14日 11:29
ふふふ。
Posted by akisute at 2007年01月15日 00:40
えりさん。
私も弦楽器で手伝いしていた時は、結構カンドーしてましたー。
特に初めて仕事した教会式は涙でました、他人の式なのに。(笑)

ドレス試着しまくりはいいなぁ。隣に新郎を寄せ付けないくらいの裾がひろーいAラインのドレスとか着てみたいわぁ。

「きょうかいしき」を変換したら初めに「強化意識」が出てきました。わはは。なんやねん。



まめたろうさん。
なんだか楽しいらしいです、式場めぐり。
妹チームは軽井沢には飽き足らず、東京にも進出したようです。
有名豪華なホテルからこじんまりとした貸切型の会場までいーろいろ見ているようなので、実家のリビングには盆暮れ正月が10年分くらい溜まっているんじゃないかなぁ。

Posted by どみ at 2007年01月15日 22:49
akisuteさん。
akisuteさんの「ふふふ」の成分解析をやってみたいなぁ。ふふふ。
Posted by どみ at 2007年01月15日 22:57
お久しぶりです〜
結婚かぁ...妹様おめでとうございます
私は結婚はしましたが、式を挙げなかったので
両親は妹の結婚式が初めての花嫁の父母でございましてw
父はおしゃべりすぎて、新郎の友人とおしゃべりしまくり、私の娘を抱き上げようと腕を引っ張りすぎて泣かしたりとそんなこともありましたw
Posted by ぷれま at 2007年03月18日 21:47
ぷれまさん。
 >私の娘を抱き上げようと腕を引っ張りすぎて泣かしたり
あ〜、なんかいいな。そういうあったかい風景。(笑)
うちは子供(妹と私)が独立して以来家族が揃うことがめっきり減って、会えばなんとなくてれくさいくらいなので、そういう風景を考えただけでもじんわりきてしまう。(笑)

妹は今、式場でのお料理がどうだの招待客がどうだのといろいろ決め事に振り回されているようで、結婚と結婚式って大変なんだなぁ〜と、半分ひとごとのように眺めてますです。私は式はいらんやって感じです。


Posted by どみ at 2007年03月20日 01:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30275037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。