2007年01月15日

ハカラメにどきどき。

華の独身貴族として世間をぶいぶい言わせている私は最近、ハカラメのマッコウさん(小笠原村出身)にどきどきしています。

これはもしかしたら、蕾じゃないの? maxtuko1.JPG

葉の付け根から更に葉が伸びてくるので、最近やけに威勢がいいなぁと思っておりました。
よく見ると、その中に丸いものがいくつか。
もし花が咲くとしたら、ここしかないもんねぇ!
これは蕾だ。花だ。咲くのねー!?(゚∀゚)


このハカラメってやつはちょっと変わり者で、花を咲かせるためには日照時間を短くしてやらなければならないのです。
それもダンボールで覆って真っ暗にしてやるなどの大掛かりなセッティング(だって高さ132p)が必要で、これ以上部屋が狭くなるのはなぁ…と思っていたのですが、結果的に室内に入れたことで日照時間が短くなったみたい。

maxtuko2.JPG


私、マッコウさんにどきどきしつつも、ホンモノの花を見たことがありません。
「釣鐘型である」「薄緑色がかった桃色である」などの情報は電網にいくらでも打ち上げられていますが、さて、どんなもんですかい。
日に日にふくらんでゆく蕾をでぃーぷな愛で見守っていきたいと思います。
過保護に育てた甲斐がありました。

去年3月に小笠原からお土産に持ち帰った一枚の葉から根が出て芽が出て、丈が伸びて花が咲くなんて、なんてドラマティッッッック!
あぁ泣きそう!

posted by どみ at 23:39| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 小笠原ハカラメ栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
開花のために日照時間を短くしなくちゃならないのは
ハカラメだけではないんですよ。
メジャーなとこではポインセチアなんかもそう。
短日処理しないと、いつまで経っても赤くならないんですよ。
逆に言えば、短日処理さえすれば年中いつでも
赤くなったり花が咲いたりするわけです。

おっきく育ったハカラメも、花が咲いて一人前ですね(^^)
開花が楽しみ〜♪
Posted by まめたろう at 2007年01月16日 02:07
いつの間にやらこんなに立派に成長したのですね〜すごい♪
園芸種のなかには赤みがかった花が咲くものもあるそうですが
小笠原の野生ハカラメは付け根が緑がかった可憐な薄ピンクです。
都会で育ったマッコウさんはどんな花を見せてくれるでしょうね。
続報たのしみにしています(^_^)
Posted by 青い鳥 at 2007年01月16日 10:02
こんにちは〜。すごい緑がキレイ!さすがです。
なんだかうちのアボカドがみすぼらしく見えました(笑)マッコウさんの花が咲くのがすごく楽しみですね!ワクワクします。
Posted by mine at 2007年01月16日 23:10
まめたろうさん。
おぉ、「短日処理」というのですね。ひとつ賢くなりました。
部屋を暗くするために、出かける時はちゃんとカーテンをしめるようになりました。
あとは床を掃いてシンクを磨いて風呂を洗えばカンペキです!あれ、関係ないか。うはは。


青い鳥さん。
ビジターセンター出身のハカラメ、内地東京で元気に育っております!
日々茎が伸びてつぼみが膨らんでいます。
この薄緑色がどう薄ピンクに変わるのかしら。楽しみだわぁ。


mineさん。
冬はアボカドには難しい季節ですねー。
うちの実家アボなんですが…、地植えのものは元気ないです。葉がしわしわになって枯れじめ…。やっぱり寒いらしい。
室内の鉢植えは愛が足りないようで、みすぼらしく…。(植物をかわいがる人が実家にいないんですぅ。)
Posted by どみ at 2007年01月17日 22:02
ハカラメから花も出たって、楽しみですね〜。

そうそう、カリフォルニアのアボガドが寒波で大被害らしいです。今年は埼玉産に期待大ですよw。
Posted by akisute at 2007年01月19日 00:40
akisuteさん。
じ、じつわ、埼玉の某アボカド御殿(仮)も寒波を受けましてk(以下略)。
Posted by どみ at 2007年01月20日 00:08
ビニールマルチとかどうなの?
Posted by akisute at 2007年01月20日 00:15
akisuteさん。
ビニールかぁ、私の部屋が寒いから私がかぶっちゃおうかな。
Posted by どみ at 2007年01月22日 00:01
小笠原行ったんですか〜!いいなっいいなっ!
植物のお持ち帰りは可能なんですね。
色鮮やかで可愛いです。花咲いたらまたUPしてくださいね〜
Posted by RayRay at 2007年01月23日 21:52
RayRayさん。
コメント返し遅れてごめんなさい。
植物のお持ち帰りは、ほんとはイケナイんですよ〜。持ち込みも。
世界遺産登録を目指して、生態系保護にはかなり力を入れていました。港では検疫もあります。
ただ、ハカラメに関してはオッケーのようで、おみやげ感覚で葉を入手できます。
ビジターセンターやおがさわら丸にも葉がおいてありました。「ご自由にお持ち帰りください」と。(笑)
Posted by どみ at 2007年01月26日 09:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31315227
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。