2005年04月28日

ぼくは松脂

ぼくは松脂。フランス生まれだ。
おねえさんの楽器ケースに住んで、もう8年になる。
ぼくを弓の毛にしゃーこしゃーこ塗りつけて初めて楽器は音を出すんだ。

ぼくが注目を浴びることはあまりないけれど、ぼく一つで音色や弓のレスポンスが驚くほど変わる。楽器の音を立ちあがらせているのは、このぼくなんだよ。

ぼく松脂.JPG

なのに、おねえさんはそそっかしくて手元がおぼつかないから、ぼくをよく落っことす。
この前なんかは、階段を転げ落ちて体が割れてしまったんだぞ。
生まれた時はまん丸で宝石みたいにキラキラしていたぼくも、今じゃこの通りさ。

先週は家に置き忘れられることが続いて、ぼくはちょっと悲しかった。
その度におねえさんは仲間に借りたみたいだけど、あんまり浮気しないでくれよな。

ぼくは松脂。今日はおねえさんと一緒だ。
posted by どみ at 21:21| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | へっぽこの仕事周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
か、かわいい〜
文章がかわいすぎてノックアウトです(コロリ)
Posted by mihoo at 2005年04月29日 00:35
どみさんの松脂はどみさん一筋なんですね(^^)。
それなのにどみさんったら

>3,675円あったら新しいミュートと松脂がほしいなぁ。。。

なぁんて浮気心を…あぅ。
それにしても松脂って黄金色の飴みたいで美しい(美味しそう)ですね。
松の木からしみ出してるあれと同じなのかな??
私小学二年〜三年までバイオリン習ってた(と思う)のですが、
松脂についての記憶って…なぜかないんですよ。
いやよく考えてみると、なめてみたりしてたような気も^^;。
Posted by ete at 2005年04月29日 00:37
mihooさん。

mihooさんのブログ、毎日楽しく読んでます。

えーと、今日は私が松脂にノックアウトされた記事を書きました。
ホント、笑いごとじゃないです。愛も劣化するみたいです。ショックでした。
ε- ( ̄、 ̄A)フゥー


eteさん。

eteさん目指してきれいな写真でUPしようと思ったのですが、画像の容量に制限があるので少し解像度(というのかな?)を落としました。
seesaaも無制限にしてくれればいいのになぁ。

そうそう、松脂ですけど、100%松脂というわけではなく、いくつかの樹脂をブレンドしているみたいです。
配合の比率によって、硬かったり柔らかかったり、色も琥珀みたいだったり深緑だったり、様々です。
楽器の特性や奏者の好みや財布の厚さでチョイスします。
季節や演奏する曲で使い分ける人もいます。

>3,675円あったら新しいミュートと松脂がほしいなぁ。。。

浮気はしないようにします。アーメン。
Posted by どみ at 2005年04月29日 23:20
バレエも松脂を使うんですよ〜**
バレエシューズやトウシューズのウラとか踵に
つけて滑り止めにします。バレエは足裏の筋肉が
床をちゃんと感じていなくてはいけないので。
でもつけすぎるとつんのめってしまいます。
私達が使っている松脂は舶来品ではないと思います。なくてはならないものですが、消耗品なので。
音楽もバレエも、西洋文化は松脂が支えているのですねっ♪
Posted by chimi at 2005年04月30日 23:37
chimiさん。

バレエでも使うんですね〜。
弓も同じです。弓の毛はおうまさんのしっぽの毛なんですけど、それだけだとつるつるして音が出ないので、松脂で抵抗をつけるんですよ。

どこかのホールの舞台裏に「ここで松脂を使わないで!」という張り紙があるんですけど、使っていい場所と悪い場所があるのかなぁ?^^;
Posted by どみ at 2005年05月02日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[Web] どみさんの楽屋
Excerpt: へっぽこ演奏家「どみ」の楽屋: ぼくは松脂  いやホント、あれは割れやすいですよね。  の一文で終わらせようと思ってましたが、今ちょっと思い立ったのでどみさんのブログについてご紹介してみます。 ..
Weblog: 夏のひこうき雲
Tracked: 2005-04-28 23:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。