2005年05月01日

CH505 白葉単叢

広東省で愛飲されている烏龍茶。独立した一本の茶木(単叢)に梯子をかけて摘まれた、非常に大きな茶葉が特徴です。鳳凰山山麓で作られるものを鳳凰単叢とよび、それ以外の平地で作られるものは白葉単叢とよびます。芳醇な香りとしっかりした味わいをお楽しみください。
(緑碧カタログより)

さいたま新都心店で購入。一晩かけて水出ししました。
ペットボトルで飲むお茶の中では、サントリーの烏龍茶が一番好きです。
20年以上のロングセラー。
学生の頃にペットボトルのお茶ブームがあって、私もいろいろ買って飲んでましたけど、カバンの中にはこれが一番多く入ってたはず。
なので、それと同じ茶色い水色(すいしょく)の烏龍茶が飲みたい!と思って。

なんと言っても力強さを感じます。しっかり&どっしり系。
舌に残る渋みと旨みが直球勝負してきます。
少々荒さもありますが、やっぱり青茶(烏龍茶のこと)だけあって食事にもよく合うし、これだけで飲んでもおいしい。お気に入りです。今もちびちび飲んでます。(笑)
ドラえもんの登場人物で言うなら「ジャイアン」に決定。

ちなみにね、鳳凰単叢は樹齢五百年の茶木だと25gで5,000円!
えーと、1杯830円くらいです。キャッ♪



サントリーの烏龍茶は、開けて2日目が一番おいしいんですよ。(笑)
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ルピシア(緑のお茶) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
松脂は床を削ってしまうので松脂禁止の舞台は結構ありますよ。
松脂OKの舞台でも袖ではベニヤ板の上に松脂の箱を置いて散らばらない
ように気を使っています。
松脂禁止の舞台では、いつも2回転まわりなさい、とおっしゃる先生が
1回転でいいわよ、なんて言ってくださいます。ツルツル滑って危ないんです。

劇場の地下の練習室も松脂禁止のところが多くて、そのときは水で
シューズのウラ(皮が張ってある)を湿らせて滑り止めにして練習してました。

↑の記事なんですが、サントリーの烏龍茶、私も好きです。
レッスンで大汗かくと飲みたくなるんです。開封後2日目がおいしいのには気が
つきませんでした〜。空けたら1日で飲みきってしまうので^^;。
ジャイアン、って表現、なるへそ〜って感じです。

私が家でいつも飲んでいるのは、安渓鉄観音です。どっしりとした風味とそれに
似合わぬ甘い香が大好きなんです。ジャイアンの風味としずかちゃん
のあと味・・・!!??
Posted by chimi at 2005年05月03日 00:39
すみません。松脂のコメントの続きのつもりが百葉単叢につけてしまいました。ごめんなさい!!
Posted by chimi at 2005年05月03日 00:42
ほぉ〜舞台を削ってしまうのですか…そんなことがあるんですね〜。
解決できてスッキリしました。ありがとうございます。(笑)
チェロやコントラバスのエンドピン(舞台に突き刺す)で穴だらけにもなりますし、舞台の板ってよく見るとキズだらけなんですよねぇ。

サントリー烏龍茶の2日目はウマイです。マジです。
でも、これからの季節はキケンが伴いますのでお気をつけください。^^;

安渓鉄観音、どこかのページに「鉄観音の最高峰」ってありましたよ。覚えておこ♪
Posted by どみ at 2005年05月04日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3257975

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。