2007年03月22日

アボよ、目覚めよ。

「あ」は、諦めの「あ」。
「ぼ」は、暴悪の「ぼ」。
「か」は、寒気の「か」。
「ど」は、動揺の「ど」。

日本アボカド振興会のみなさん、どうも。
永久名誉会長(健在)のどみです。

さて問題です。
この数ヶ月の間、何をしていたでしょうか。3択です。

@ 上野公園でアヒルのワルツを踊っていた。
A 六本木一丁目で靴をみがいていた。
B 家でうなぎパイを焼いていた。


答えは…
Cの“踊ってみがいて焼いて食べた”でしたー。当然じゃーん。

それはさておき。

私が実家の庭(彩の国の奥地)で放置栽培している地植えのアボカド、今はこんなんなってます。

枯。   avo42w.JPG

avomozew.JPG 萎。

うーん。だめぇ?
暖冬と言われた06〜07年冬。南国ボーイであるアボたちにもなんとか耐えられるであろう、耐えてくれ、耐えられるよね、耐えてようと思っていましたが、それでもだめぇ?
おいしいアボカドをおなかいっぱい食べたいばかりに、自分が食べたアボカドの種(確か五十個くらい)を実家で育てて1年半。
発芽した数、十数個、1度目の冬は鉢植えにして縁側で過ごし、その中からイキの良い2鉢を翌春に地植え、その後私は後ろ髪ひかれつつお江戸にお引越し、たまに帰省して様子を見守ってきました。でぃーぷな愛をこめて。

でも、やっぱりお外は寒かったネー。
かろうじて茎から脇芽が出ているので、これに期待します。ほら、もう春だし…。春でしょう?春なの。春だってば。

ぬくぬくの縁側で放置栽培中の十数鉢はまだまだ元気。
こちらも今年中にいくつかを庭に植えます!
我ながらオニだとは思いますが、千里の道もアボから。
鳴かぬなら鳴かせてみようアボボギス。

posted by どみ at 23:18| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(1) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後の句まで無茶ですなぁー。
しかーし!何かの拍子に寒さに耐える新種のアボに変貌するやも。
何が起きてもおかしくない、どみさん周辺ですからね(^^;
アボ達を応援しています。
どみさんも。
Posted by hide at 2007年03月23日 02:20
答えCって…
アボボギスって…(;・∀・)

アボ軍陸上部隊一個師団は、全滅の危機から回避されましたね(笑)
写真で見る限り、てっぺんは枯れてるけどそれ以外は大丈夫。
暖かくなれば、生き残ったわき芽がわさわさしてきますよ〜。
あ、枯れた部分はちょっきん!切り落としてくださいな。

春を迎えてアボに幸あれ!
Posted by まめたろう at 2007年03月23日 10:15
hideさん。
応援どうもさんきゅーです。アボ共々お礼申し上げます。
そしてアボ共々、新種にバージョンアップしたいものです。
目が覚めたら耐寒性アップとか。ますますオヨメに行けなくなりそうだ〜なぁんて。


まめたろうさん。
あそうだ、枯れた部分をそのままにしてきちゃった。ちょっきんしなきゃ。
おっしゃる通り、てっぺんは真っ黒でございます。あぁぁ。

自室のハカラメはものすごーい元気で釣鐘型の花がたくさんつきました。緑のままでまだ咲かない(?)ようなんですが。
こちらものちのち記事にします。部屋に緑があるといいですね。
Posted by どみ at 2007年03月24日 00:08
お〜!!庭アボさんたちが!!
でも、葉っぱだけやられてて茎はしっかりしているからもう少し温かくなったら新芽が出ますよ♪
一度からして復活したのもあるので!
と、お気楽ですが、私のうちの阿保達も、
あ、間違えたアボたちも元気ですよ〜(^_^)
ここのアボ達は耐寒性に優れたコを生みそうだ!
そのまま大きくなって実をつけて欲しいものです。
Posted by mine at 2007年03月24日 00:12
死ぬかと思った(# ゚Д゚) ムッキー
Posted by 庭アボ at 2007年03月26日 07:51
mineさん。
阿保…私も変換したらコレが出てきました。(笑)

今日は暖かい日でした。お昼ならコートがいらないくらい。
アボ勢もこれくらいの暖かさならいいんだろうな〜と思ったり…。
耐寒アボの新芽を早く見たいっす!


庭アボさん。
まだだいじょぶ。たぶん。(笑)
Posted by どみ at 2007年03月26日 22:01
ハカラメの花が緑色のままなのは、原種とか野生種に近いからじゃないかな?
園芸品種みたいに改良されていないから緑色の花のままで終わると思いますよ〜。

ちょっと地味で華やかさにかけるけど、それもまた味わいですわ(σ・∀・)σ
Posted by まめたろう at 2007年03月27日 11:02
まめたろうさん。
ほぉー!原種や野生種に近いかも?!あら、うちの子は野生児なのね。
いっこうに緑のままで色づかないので具合が悪いのかなと思っていましたが、今日よーく見てみると蕾の付け根がすこーし薄桃色に染まっているではないですか!
うれしー。お水あげとこー。

確かに地味ですが、一人暮らしのもっさりした部屋にはとても良いグリーンでございます。
Posted by どみ at 2007年03月27日 23:27
どみさん ごぶさたです。
我が家のほったらかしの 捨てた種からの
2本の木は 大きさはちっとも・・・ですが
葉はこの冬 枯れることなく 
新芽状態のきれいな葉が出ています。
でも ハカメラは 残念 枯れ果てました。
Posted by Megpooh at 2007年03月30日 08:51
Megpoohさん。
おぉ〜、Megpoohさんちの大木、今年も楽しみですね。実が…♪
実家の鉢アボ、そろそろ庭に出そうかと思います。今日はほんとに暖かい日でした。
ハカラメ、残念でしたね。
実家には3鉢あるのですが、うち一つはアブラムシでベタベタです。他の鉢にうつらなければいいのですが。(。-∀-)

Posted by どみ at 2007年03月30日 22:36
アブラムシ、放っておくとあっという間に増えますよ〜(゚д゚)!
アブラムシが出すフンを養分にするスス病って病気もあるしね。
早めに駆除したほうがよいですよ。
家にある殺虫剤(キ○チョールとか)を、植物から4〜50cmくらい離して
軽くかけるだけで退治できますから、お試しあれ。
あんまり近くからかけたり、長時間かけると薬剤で植物が傷むので
小刻みに虫の様子を見ながらかけてみてね〜。
Posted by まめたろう at 2007年04月02日 00:54
まめたろうさん。
かゆいところに手が届くのに届かないふりをしてしらばっくれている私に貴重な意見をありがとうございます!
そうそう、ハカラメつきアブラムシじゃなくて、アブラムシつきハカラメの鉢、植物用の殺虫剤をかけておきました。3月中旬だったかしら。
室内に入れておくとアボカドにもうつるだろうと思って屋外に出して、私は東京宅に戻ったのですが、気をきかせすぎた父が「寒い所に出しっぱなしじゃいかん」と、再び屋外に入れてしまったのですねー!アブラムシがいるのに気づかず。
3月下旬に私が帰省した時にハカラメが元の位置に戻っているのを見て悲鳴をあげそうになりました。(笑)
ざっと見、アブラムシはうつっていないようなのですが、隣にいてうつらないはずはないですよねーぇ。これからがコワイわ。

キン○ョールとかでもいいんですか?あれあれ。(笑)
Posted by どみ at 2007年04月02日 23:36
はい、キンチョー○でも大丈夫です( ̄ー ̄)bグッ!
ただ、植物用殺虫剤よりは1,000倍薬が濃いので(←これホント)、
あまりかけ過ぎないようにね。
アブラムシ自体は弱い虫だから、見つけたら指でつぶsh…以下自粛(笑)

お父様、さすがに心配りができておりますな。
ハカラメたちも幸せ者ですじゃ(笑)
Posted by まめたろう at 2007年04月03日 10:12
まめたろうさん。
1000倍…!そりゃ濃いわ。効きそう!
一番効くのはユビデトール(指でとる)ですかね…。

東京宅ハカラメは、緑色の花の中から朱色の花(?)がにょっきり出始めてきました。これが開花かも?
一人でバンザイをしました。

Posted by どみ at 2007年04月03日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36456939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アボカド栽培日記、春の様子
Excerpt: 三月のアボカド栽培日記です。 先日の寒の戻りには驚きましたが、まだ外に出していなかったので被害はなし。よかったです。 1号、2号、3号、4号ともに、順調に育っています。 ただ、冬の間の日光不足で..
Weblog: ruru-askeo
Tracked: 2007-03-24 00:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。