2007年05月11日

新入りペピーノ

気候がよろしくなってきました。
寒い頃から心の奥底に熱い思いをしたためていた人々が、じわじわとその思いをチラリズムし始める時期です。
「今日からボクは指揮者」宣言をする人。
「ホントに転職してパティシエ修行を始める」宣言をする人。
「歯医者に行く」宣言をする人。
いろいろな人がいるものですが、私は土いじり宣言をしてみました。えぇ、血は農民ですもの。

トマトは去年やったから、今年は別のものを育てたいな。
半日しか日が当たらないベランダで、植木鉢で、あまり手をかけずに収穫できるもの。
かつ、巨大化しないもの。(トマトなどベランダがジャングルみたいだったもの。布団干せないし。)
かつ、調理せずともそのまま食えるもの。
となったら、こうなりました。

その名もペピーノ。 pepi0508.JPG

ポット苗を近所の園芸店で発見。南アメリカ原産だそうで、今は高さ約20p。
名も知らぬこのフルーツの何に惹かれたかと言えば、タグに書かれた「メロン+洋梨+αの上品な味!」です。+αってなにー?!(゚∀゚)
レモンやいちごを凌ぐ豊富なビタミンCだって。そりゃーすごいわ。
トマトと同じように育てればよいのだそうで、今度は巨大化させないように支柱に誘引しながら、きっちりきっちり育てたいと思います。
さて、どんなお味なのやら。


園芸店のおねえさんからもらった育て方パンフをよくよく読んでみると、ちょっと気になる一文を発見。ペピーノは「常緑の低木」ですって!
こいつ「木」だったのか…。ますますきっちり育てないと。

posted by どみ at 23:09| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(1) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
母を訪ねて三千里のマルコが一緒に旅をする一座の名前みたい。
チラリズムは先取りして3月に実行してます(^^;
道場通い始めました。
27年のブランクは大きいorz
Posted by hide at 2007年05月12日 00:55
チラか・・・。
最近考えちゃうなー。
Posted by akisute at 2007年05月12日 01:21
hideさん。
道場復帰おめでとうございます。拝見しておりました。
私も復帰したいなーと思いました、小学生の頃に通った水泳教室。(笑)
スーパー銭湯に行った際、歩行風呂で泳いでみたくなったのがきっかけですー。


akisuteさん。
あら、何を考えちゃうのかしらー?
ほんもののチラリズムだってりしてー。きゃー。がはは。

Posted by どみ at 2007年05月13日 10:59
昨年、育てていたのですが収穫するのを忘れてて虫食いや生理的落果となる始末。
育て方はトマトといっしょで脇芽を摘むことです。
この脇芽摘みに驚くことでしょう。
がんばってください。

Posted by よたっち at 2007年05月13日 17:43
>脇芽摘みに驚く
ペピーノなんて名前だけに、
キャー摘マナイデーモヒョヒョヒョヒョ-
とか言って走りだすんじゃないだろうかヽ(;´Д`)ノ 。
Posted by akisute at 2007年05月13日 19:54
よたっちさん。
ペピーノ経験者であられましたかー!コメントありがとうございます。
よたっちさんの画像を拝見すると、実のつき方はまさにトマトですね。収穫するのをお忘れとは…ますますそのお味が気になる。(笑)
脇芽がどんなくらい生えてくるのか楽しみです。


akisuteさん。
走り出す脇芽… と書き込んだところで壮大なギャグを思いついてしまったので、ここらで筆を置きたいと思います。「わきめ」を変換してください。モヒョヒョヒョヒョ-。

Posted by どみ at 2007年05月14日 00:42
あれ?ペピーノって一年草じゃなかったんだ?
低木になって長持ちするなら買って(飼って?)みようかな。

モノの本にはかなり生育力が旺盛で、挿し木で簡単に増えるって書いてありました。
メゾン・ハカラメの次は、メゾン・ペピーノ?(笑)
Posted by まめたろう at 2007年05月14日 13:13
低木ですが、越冬させるには屋内で育てる必要があります。
その手間を考えるとひと夏の世話で成果を出す方が良いかと思いますがどうでしょう?
結構、ピーマンくらい株は大きくなりますよ。
Posted by よたっち at 2007年05月14日 20:55
まめたろうさん。

園芸店でもらった「ペピーノQ&A」によるとですね、
Q.来年も実がなるの?
A.なります。常緑の低木なので次の年も実をつけますが、暖かい地方の植物なので、上手に冬越しさせることがポイントです。
だそうですよー。


よたっちさん。
ピーマンくらいですかー、それなら植木鉢での栽培で充分かな。よかったよかった。
トマトの時のように、身長より高く伸びたら面倒だななんて思っていたものですから。ペピーノ経験者のお声はありがたいです。

Posted by どみ at 2007年05月15日 00:27
ムムム・・・
Posted by akisute at 2007年05月15日 01:00
その昔、ローズマリーが低木とは知らず、草だと思って意気揚々と植えた事を思い出しました。
実家の庭にすっかり定着し、ぼうぼうと生い茂っています。
そうならないことを‥‥‥。
Posted by mine at 2007年05月15日 13:42
akisuteさん。
むぷぷ。(>y<)

mineさん。
ローズマリーも「木」だったんですかー!知らなかったーあぶねあぶね。(笑)
うちのペピーノ、高さがまだ20cmほどなのに、もうつぼみのようなものが見え始めています。このまま低木であってほしいと思いつつ実もたくさんほしいと思いつつ…。
Posted by どみ at 2007年05月15日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

★南米の果物、ペピーノ♪
Excerpt: ★先日、Lunitaさんのお家に遊びに行ったら、不思議なフルーツをふるまってくれました。これは南アメリカではポピュラーなフルーツ『ペピーノ』。 2ヶ月ぐらい前、この鉢植えをお花屋さんで見つけ、すぐに..
Weblog: 湘 南 く い だ お れ ー
Tracked: 2007-05-25 02:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。