2005年08月27日

702 アールグレイ

キームンをベースにした、オーソドックスなアールグレイ。ストレートでもミルクティーでもおいしい、いつも置いておきたい紅茶です。(テイエカタログより)

ベルガモットの香りを移した紅茶をアールグレイ、と呼ぶようですが、わたくし、ベルガモットの実も香りも知りません。日本で言えば柚子やかぼすのような果実らしいのですが…。(葉だけは植物園で見たことある。)味はすっぱいのかな?

お楽しみ袋に入っていた一つ。ティーポットで水出ししました。
茶葉、水の量共にちょうどよく入れたつもりだけど、なんだか薬っぽい苦味有り。
とろりとユル苦い薬草ティーといった感じ。
後味はさっぱりしつつも、やっぱり少々苦味は残る。
これをミルクティーにするのは、カメハメ波3発分くらいのパワーが必要かも。
その前に、キームンが苦手なのでございました…わたくし。

ホットのほうがおいしいかな。うすーくうすーく水出ししてみるといいかなぁ。どうにかしておいしく飲む方法を模索中です。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ルピシア(紅のお茶) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どみさんこんにちは!
アールグレイ、あまりお好きでなかったようですね。
ベースの茶葉にも種類があるようですから、他の種類だといいのかもしれませんね。
私はキームンもアールグレイも大好きで、アールグレイは水出しじゃなくて熱いのを氷にがーっと注いでアイスティーにしますが、ホットのミルクティもかなり好きです。(^^)
Posted by でじまま at 2005年08月29日 08:38
でじままさん、ご指南ありがとうございます。
お湯だしのアイス・アールグレイ、作ってみましたよ。こっちのほうが断然ウマイです!ユル苦さがちっとも気にならず、きりっとした感じになりました。
お湯だしアイスティーの存在をすっかり忘れていましたよ…。

こちらのページに、でじままさんのページをリンクさせていただきました。
「おふとんかけてあげたの。あったかいでしょー」の言葉にイチコロです。(笑)
Posted by どみ at 2005年08月30日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。