2005年09月19日

マンゴーのつの

mango4tuno.JPG マンゴー4号、とっても元気。

新しい葉が出てきました。鉢植えにしてから初めて生える葉です。
アゲハチョウのいもむしを怒らせた時ににゅっと出てくる“つの”みたい。
ちょっと枯れたようにも見えるんだけど、大丈夫かな?


mango2tuno.JPG こちらは2号。

ま---------ったくヤル気なし子ちゃんです。
つのを出したままここ1ヶ月ほど成長も衰弱もせず。後輩の4号の目覚しい成長を前に、劣等感を感じているのでしょうか。
そのうち「おまえんちで育つのなんかやめてやるー!」と、辞表でも出されるのではと気が気じゃありません。



posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | マンゴー栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
南国植物はなにやらこんな感じでゆったり成長するなぁ。こちらも室内入りですかな?
Posted by almond at 2005年09月21日 02:10
そーなんですよ、ゆったりなんですよねぇ。
マンゴーって種を水につけるとすぐ根が出て発芽するんですけど、その後はゆったりのんびりぼけーっとしてますね。もちろん室内ジャングル化計画の対象植物です。(笑)
Posted by どみ at 2005年09月21日 13:57
どみさんこんにちはー。マンゴーの栽培されてるんですね!!
私もマンゴーの種を水につけて、芽が出たら植えようと思ってたんですけど、水につけているあいだに腐ってしまいます。私の使ったのはタイ産のマンゴーだからうまくいかないのでしょうか。。。いいなぁ。またマンゴーを買ってやってみます。コツがあれば教えてください!

マンゴーのブログ作ってるのでよかったら見に来てくださいねー。
Posted by リサトガスパール at 2005年09月27日 14:23
リサトガスパールさん、いらっしゃいませー。
私も失敗しましたよ〜。4個チャレンジして、なんとか2個を鉢植えにできました。
もしかしてご存知かもしれませんが、腐らせないポイントを記しておきます。↓^^
はじめ、黄色の外殻を割って種豆を取り出しますよね。
その時に、種豆の薄皮(茶色の)をできる限り剥ぐといいようですよ。この薄皮に腐敗菌が含まれているようなのです。。。
これを剥いだら、腐ることなくすぐ発根しましたよ。^^
左サイドバーの下のほうに「熱帯果樹の栽培」というリンクがあります。そこがとても詳しいです。

Posted by どみ at 2005年09月28日 00:25
そうなんですか!知りませんでした☆薄皮は剥いてなかったと思います。それに菌がついてるんですねー。今度さっそくやってみたいとおもいます。確率は2分の1なのですね!ありがとうございまーす。また遊びにきますね!!
Posted by リサトガスパールさん at 2005年09月28日 11:30
ご健闘を祈ります。^^
Posted by どみ at 2005年09月28日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7116446

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。