2005年10月02日

四重奏ゲーム/吉住渉

天才ヴァイオリニスト・伊集院英至の母校訪問に合わせ、音大付属中3年の友成笑・的場類・樫本孝純・安東妙子の4人は校長と神田先生に弦楽四重奏をやるよう言われる。最初は全く気が合わない4人。そんな中、ある事件が起こり…?(出版社/著者からの内容紹介)


昭和63年(1988年)少女コミック誌「りぼん」に掲載された、「女の子のためのおもしろい推理まんが」。タイトルが気になってブックオフで立ち読みしたら、結構笑えた。
話の流れは単純&強引でツッコミどころ満載なのだが、キャラ設定がなかなかおもしろい。

1st.Vn.(笑・えみ)元気いっぱい明るさいっぱいの人気者
2nd.Vn.(孝純) 校内きってのプレイボーイ
Va.   (妙子) 紅いピアスのツッパリ美少女(高校生不良グループと親交あり)
Vc.   (類)  常に成績トップの超秀才


そうそう、1st.ヴァイオリンは確かにこんな子がいいかも。戦隊モノなら絶対赤レンジャー。主役だし。
プレイボーイはチェロに多いけれど(ほら、菊池くんとかよ)、ヴァイオリンなら2nd.をお願いしたい。1st.だと、本番にプレイボーイぶりを発揮すべく暴走する危険がありそうなので。レンジャー該当なし。
ウケるのがヴィオラ。ツッパリなんて最近聞かないけど(笑)!そんなのがヴィオラにいてもおかしくない。暗い過去に生きてる部分があるわけ。だから緑レンジャー
チェロの正道と言えば、秀才・美形・クールで、おうちは金持ちで青レンジャー。プレイボーイの2nd.Vn.とは絶対にウマが合わないわけ。(ちなみにチェロの王道は秀才・美形・プレイボーイ。)

エンディングは四重奏内でカップル誕生というあたり、さすが少女マンガ♪

408853462X四重奏ゲーム
吉住 渉

集英社 1988-10
売り上げランキング : 239,659
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

制服のスカート丈(長い…)、わさっとしたヘアスタイルなんかが80年代を感じさせます。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック音楽の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どみさん、こんにちは。
けむしです。

なつかしいです、四重奏ゲーム!!!!!!!
小学生の時りぼんで読んだっきりですよ。
のだめ読むようになってから、また読みたいなと
思ってた漫画の一つです(笑)。

あぁ、私もブックオフでも行ってみようかな(笑)!?
Posted by けむし at 2005年10月03日 23:07
おぉ〜当時お読みになっていたのですねぇ!
そうそう、私ものだめを読むようになってから他の音楽漫画にも目がいくようになりましたよ(笑)。ブックオフさまさまです。
りぼんといえば「ハンサムな彼女」や「ねこ・ねこ・幻想曲」が好きでした〜。また「りぼん」買ってみたいなぁ。
Posted by どみ at 2005年10月04日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7617837

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。