2005年11月04日

おがさわら丸に乗りたい

あぁ、白昼夢は止まらない。

もし。
いま私の血液を検査をするならば、血中旅値が大幅に低下しているという結果が出るだろう。
備考には「旅の欠乏が疑われます」と表示されるに違いない。
旅の計画をねりねりしては夢ばっかり見ているのも、きっとこのせいだ。(笑)

ブルートレインに乗りたくてうずうずしているのは相変わらずだが、最近はおふねの旅にも惹かれ始めている。
思えば、家族旅行で北海道に行く時は飛行機ではなくいつもカーフェリーだった。(それも2等和室、いわゆる雑魚寝部屋。)
小学校の修学旅行で一番思い出深いのは箱根の遊覧船だった。
釣り好きな父は岸で釣るだけでは飽き足らず一人乗りの箱舟を作っていた。(沼にそれを浮かべたらしい。)

そうだ!私には船乗りの血が流れているんだ!船船船


一番魅惑的なのは小笠原諸島父島である。
人口約2千数百人のこの島へは、唯一就航している定期船おがさわら丸片道25時間半!ステキ♪
竹芝桟橋から南に約1000`ともなれば緯度は沖縄本島とほぼ同じで、目的地までの時間では「日本で一番遠い」島だそう。空港はない。
しかも定期船とは言えだいたい6日に1度の運行なので、5泊6日(うち船内2泊)が旅の最小単位となる。
まさにこれぞ旅だよ…。(笑)
島の観光産業も船の運行スケジュールに沿って稼動しているようだ。


以前伊豆大島に行った時のガイドに小笠原のページもあったことを思い出し、ひっぱり出してきて眺めてはニンマリしている。

船上で、海と空、ふたつの青だけに囲まれてみたいなぁ。
竹芝を出る時は真冬の寒さでも、父島に着くころには初夏の気候らしい。上着を脱いでいくのは快感だろうな。
私は筋金入りの山系(トロピカルとかビーチとかハイビスカスとか強烈な太陽とかがなんか苦手)なのだが、小笠原の海には惹かれる。「東洋のガラパゴス」とまで言われる豊かな自然のせいかな。ジミな山女もこの島でひと皮むけてみたいものだ。
島と言えば島寿司。伊豆大島の島寿司(べっこう)はおいしかった。父島はどんなだろう。
父島の沖には南島という白いサンゴの砂浜が美しい島がある。遊覧船で訪れることができるらしいが、ガイドには“ここを見なければ死ねない”とまで書かれている。
この島への入島が解禁になる来年2月がゴーサインになるかもしれない。

大型高速船の就航や空港建設の話もあるようだが、やっぱりおがさわら丸に乗って行きたい。
私の血は旅を欲しがるばかりだ。



【追記 11/10】

東京―小笠原間に就航する予定だった超高速船「テクノスーパーライナー」(TSL)について、国交省と東京都は9日、支援のための来年度の予算計上を見送ることを明らかにした。同船の運航計画は事実上、頓挫した。TSLは小笠原海運が運航し、現在26時間かかる東京―父島間が17時間に短縮される予定だった。
(毎日新聞) - 11月9日22時50分更新
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
「血中旅値」、バカウケ(^^)
どみさんがウズウズしているブルートレインですが、2週間ほど前に乗ってきました(^o^)
(詳しくは以下のページ)
http://castle.bg.cat-v.ne.jp/category/7133.html
ほんと、電車の旅は楽しいです。

さて小笠原ですが、私の中で「一度は行ってみたい場所」の5位以内に入っています。
でも社会人になり家族がいるいま、なかなか一人で1週間近く出かけられない…
Posted by castle at 2005年11月05日 07:00
おが丸とはまたツウな。
東京都でありながら、東京からいちばん遠い日本の島だと思います。

高速船導入話が事実上消えてしまったので、現実的には竹芝桟橋から行くしかないんですよね。
あとは確か飛鳥などの客船が小笠原立ち寄りのクルーズなどを実施しています。

小笠原といえばシカクマメ!
天ぷらにするとおいしいですよ〜。我が家は今、小笠原の塩とラー油とはちみつを愛用中です。

Posted by えり at 2005年11月05日 11:07
castleさん。

 >社会人になり家族がいるいま、なかなか一人で1週間近く出かけられない…

そ〜なんですよねぇ。(笑)
船だけで往復51時間、最低6日間ってすごい高いハードルですよね。距離だけじゃない遠さがあります。ますます遠く感じられる…。
世界遺産候補にもなっているとか。早く行っておかないと一大観光地になってしまうかも〜。


えりさん。

えりさんのページで小笠原の記事を何度か読みましたよ。^^
シカクマメのリンクを見たのですが、ずいぶんごつそうな見てくれですね。やわらかくてウマイのですか(゚∀゚)。。
多くの野菜やフルーツの旬は春夏ごろ?のようですね。私は夏まで待てないんだけど…。^^;
Posted by どみ at 2005年11月05日 22:10
こんにちは、ブログ村経由でお邪魔しました。
今だとスターフルーツやブンタンなどの果物がおいしいですよ。
11月に入ってだいぶ肌寒くなりましたが、今も半袖に扇風機回してます。

南島解禁の頃はザトウクジラの数も増えて旅にはよい季節ですね。
とりあえず島では元旦の海開きに向けてこれからが書き入れ時(?)デス。
Posted by 青い鳥 at 2005年11月27日 16:16
青い鳥さん。

うわー、いらっしゃいませー!!(敬礼っ!)
私、マジで小笠原行きを計画してます。2月に。
本当は仕事が一段落する来月あたりにすぐにでも行きたいのですが、やっぱり南島は見ておきたいなと思いまして。
11月で肌寒く?半袖で扇風機?すばらしいっ!(誰にも教えたくないわ!)
いやー、いろいろ尋ねたいことでいっぱいです!近日中にそちらのBBSに遊びに行きますのでよろしくお願いします。
師匠と呼ばせてくださいっ!

アイランダー2005もチェックはしていたのですが、仕事が重なり行けませんでした。残念っ。
Posted by どみ at 2005年11月27日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8845134

この記事へのトラックバック


Excerpt: Ltd.'')は、東京と小笠原諸島|小笠原間の定期船を運航している海運会社である。本社所在地は東京都港区芝浦三丁目7番9号。小笠原諸島のアメリカ合衆国|アメリカからの返還時、東海汽船と日本郵船(近海..
Weblog: 運輸会社
Tracked: 2008-02-17 13:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。