2007年01月07日

ゴディバのホット・ショコリキサー

だってさ、何やらい〜いにおいがするんだもの。
この甘いのはどこから来てるのねぇねぇ?と、香りを辿って新宿駅をふらふらしたら、ここにたどり着いた。

godiva4.JPG GODIVA!

ひとつぶいくらのチョコレート屋なんてあたしにゃ無縁だと決め付けて生きて参りました。(チロルチョコを除く)
しかし。
チョコレートの香りってのは麻薬のようなもので、ごぢばに導かれるままに(ごぢばの思うツボに嵌るままに)、私はカウンターに並びオサイフを開けてしまったのですね。
およそSサイズで525円というお値段には一瞬正気に戻りそうになりましたが。

ホット・ショコリキサー。 chocolixir.JPG

飲む高級チョコレート。
ごじばのチョコレートをそのまま溶かしちゃったドリンクでした。
こーれがまたこってりとした舌触りで、ウマーイ。
ただ甘いだけじゃなくて、なんだか滋味にも感じる。
さすがelixirがくっついてるだけあるわ、なんて。

ただね、ホットだと、ちょーっと濃いんだなー。
おみずください、と言いたくなるような濃厚さ。(笑)


今度はフローズン!寒くてもフローズン!雪のってるやつ!
godiva3.JPG 
posted by どみ at 23:16| 東京 🌀| Comment(13) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

小笠原スターフルーツを食らう

東京愛らんどフェアでの戦利品、スターフルーツ。別名ゴレンシ。
ついに、ついになのです。

starf919.JPG 手のひらサイズ、星型なのです。

小笠原に旅した時に食べるチャンスにめぐり合えなかったこの珍フルーツ。
東京で手ぐすねをひいてじーっとじーっと待つこと半年、やっと海を渡って
新宿までやってきてくれました。
想いって通じるんだわ、と狂喜乱舞しお買い物したのが9月4日。
それから青い実が黄色く熟すまでじーっとじーっと待って半月。
熟成が進むにつれ、かりんのような香りが漂ってきます。
渋みのあるカドの部分は除いてスライス。

うふふ。 starf9191.JPG

1個100円。珍フルーツなのにこのお値打ち価格。
ビジュアルのはじけるようなかわいさのわりには、お味のほうは控えめでおしとやか。
ほんのり甘酸っぱいかと思えば憂いのあるような渋みも少しあり、なかなか含蓄深いお方のようです。
とってもジューシー。

3つ食べて、わかりました。
これ、かなり水気があります。したたります。
なので、かわい〜くスライスしてあげるよりも丸ごとかぶりついたほうがウマイです。
見た目に騙されてはなりません。


もし、またスターフルーツに巡り会ったら、次は種を採って育てます


posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

神津島の心太

心が太いと書いて“ところてん”と読むですよダンナサン!しんたじゃありません。

tokorote913.JPG

新宿の東京愛らんどフェアでの戦利品、神津島のところてん
天草の名産地として有名なのだとか。
地下水が豊富で島の各所より湧水が湧いており…となれば、隠れお水マニアにはたまらんです。

tokorote9131.JPG

スーパーなどで買うところてんは酢がよくきいている物が多いけれど、これは酢がかなり抑えられている。
そのためにところてんそのものが味わえる感じ。
あなた色に染めて的な、じつに素直で育ちの良い、やさしいお味です。
その裏には、天草イッポンで勝負できようぞという隠れた意気込みが感じられます。

セミがうるさく鳴く暑い頃に食べれば、うまさ3割増だったろうね。
今じゃちょーっと寒いや。
http://vill.kouzushima.tokyo.jp/kanko/gift/tengusa.html


小笠原スターフルーツ、順調に熟成中。 starf9131.JPG
最後のひとつを熟々に完熟するまでお守りしています。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

ポテトチップスアボカドマヨ味

みーつけた。 avochi.JPG

各国アボラーのみなさんのページでその存在が報告され始めたので、気になっていたのです。99円ショップで発見。
あまり菓子を買わない私が、迷わずカゴへ入れました。


各国アボラーのみなさんの評判の通り、味はいたってフツーのポテチ。(笑)
アボカドマヨ味というよりはチーズマヨ味という感じかなぁ、アボ度は2%くらい。
まぁこれは予想していたことでして、アボカド特有のまったり感を菓子で表現するとまずーくなるのは必至なのです、たぶん。
トルティアチップアボカド味もそうだったし。
じゃあ何のためにアボカド味を名乗るのか。そこはオトナの事情があるのですわよ。
これはこれでおいしいのでいいってことで。


スーパーのチラシに、みーつけた。

avoca.JPG だーかーらーねー。

アボドじゃなくて、アボドなんだってば。
AVOCADOと書くんですよ。Vだからアヴォカドでもよし。
「ガ」と発音する日本人がほとんどなのはどうしてでしょう?私もかつてそうでした。
誰かわかる人、国際アボカド委員会に論文を提出してください。


88円は安いからまぁ許す。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

烏龍茶ポッキーと北京ダッグプリッツ

「百奇」ってポッキー?!
「百力滋」ってプリッツ?!


oolongpo.JPG 中華土産也。

なんか栄養ドリンクのような漢字だなぁ。ポッキー1本でファイトいっぱーつ、プリッツ1本で24時間たたかーえまっすっか、ということなんだろう。
さすが中国四千年を生き抜いた江崎グリコだ。えらいぞ。
そのグリコは「格力高」と書くらしい。うんいいぞ。キャラメルはひとつぶ4000年。

百奇のほうは「烏龍茶風味」とあるのだけど、いただいてみるととっても甘くて良い香りがする。
何の香りかというとお菓子の香りとしか言いようがない。格力高の思うツボだ。
というか烏龍茶じゃないだろコレ…。
かろうじてミルクティーかなぁ、という感想で場内一致。


百力滋の北京ダッグ風味のほうは、「これがあの北京ダッグっていうんだー。ふーん。」というお味でした。
それ以上の感想は避けます。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

飲めないビールを2つ

beerje.JPG ビールゼリーをいただきました。

う〜ん、苦い。ぷるるんとしているのに泡までしっかりビールしてエライじゃないの。
わたくし、若かりし頃はビールが苦手でございました。
“ニガイのイヤ”とか“炭酸なんかに騙されてたまるか”と思ってましたが、年々性格のカドが取れて丸くなってきたせいか、ビールにあっさり騙されるようになりました。
炭酸には魔力があるのです、いやだわ。
でもビールと発泡酒の味の違いが未だによくわかりません。やっぱり騙されているのかもしれません。第3のビールにも騙されるかもしれません。
小笠原諸島父島の塩と伊豆諸島青ヶ島の塩の違いはわかるのだけど。


ビール飴。 beerdr.JPG

「これ舐めたくらいじゃ酔っぱらわないよ〜」と職場でもらったビール飴、麦芽入り。
黄色い飴ごときに酔ってたまるか。
甘くて苦くて、う〜ん何だこれわ。
こんなのには騙されないわよ、と思っていましたが、舐めているうちにビール飴であることを忘れました。


のんでものまれるな。
なめてもなめられるな。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

しわしわパッションフルーツを食らう

沖縄でもらったパッションフルーツ。
青い実を東京に持ち帰って10日あまりが経ちましたが…

やーっと赤くなったよ。 okipass.JPG 

「青い実は風通しの良いところに放っておけばいいんさ〜」と聞いたので、日陰の窓辺に並べておいたのです。
数日すると、果皮がしわしわのごつごつに。がく〜(落胆した顔)
これホントに大丈夫なんかな、腐ってしまったかなと心配しつつ観察していたのですが、出張から帰って2日ぶりに目にしたそれはまるで梅干のように赤くなっていたのでした。鮮やかなり。

okipass2.JPG い〜い香り!

見てくれは悪いけれど、独特の芳香と甘酸っぱさはまさにパッション。
プレーンヨーグルトにミックスしていただきました。

あと2つはいつ赤くなるかな。




青き頃。
http://domis.seesaa.net/article/20086903.html
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

スターバックスディスカバリーズMilano

ミラノで愛されるダークローストコーヒーの風味豊かで力強い味わい。
真のコーヒー好きのためのこの味わい深いカフェラテは、世界初のエスプレッソマシンが生まれた街、ミラノにちなんで作られました。
20世紀前半のイタリアに始まったエスプレッソ文化を称え、ダークローストコーヒーのカフェラテをお届けします。
 (スタバHPより)


mirano.JPG コンビニスタバをやっと確保。

なんと言うか…カフェラテを飲んだ感想としてはいかがなものかと自分でも思うのですが、ヒジョーにミルクがうまい
こってりとした重めのミルクがコーヒーをしっかり支えているという感じで、主役はミルクです!
カップで売られているカフェオレとしては非常に「濃い」「甘い」部類に入るかと。
好みでございます。甘さも私にはちょうど良い。


昨年9月にSeattle(ラテ)と共に発売された直後から爆発的人気のため供給が追いつかず、Milanoだけは一時販売停止が続いていたのよね。
スタバはとても好きなのだけど、Milanoのことはすっかり忘れてた。(笑)


Seattleはこちら
posted by どみ at 23:59| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

スターフルーツ

いただきもののスイーツに、なんとスターフルーツが盛られていました。

starfruit.JPG ホンモノ初めて見た〜。ホントに星型だ〜。

説明しよう。
スターフルーツ【果物】=五稜子(ゴレンシ)。マレー半島原産。
果実の断面が星型であることから「スターフルーツ」。
黄色く完熟したものはみずみずしく甘味があり、小笠原では年3回ほど収穫される。

小笠原に旅した時、特に食べてみたかったフルーツがこれでした。
しかし果期ではなかった(?)のかチャンスに恵まれず、スターフルーツ・リキュールで我慢してしまったのでした。
甘さの中に独特のほろ苦さがあって、これも忘れられない“島味”のひとつ。

そして、やっとお目にかかれたスターフルーツ。
シャリシャリとして甘酸っぱい感じ。やっぱりほろ苦。(笑)
見た目はとてもプリティーですが、実際のところ味は「野菜」でした。
だって、これまだ青いんだもん。^^;
一緒に食べた皆が「スイーツの素材じゃないよね」。


完熟した黄色いのが食べたい。。。あぁ。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

その名はいかがなものか

midorigamepan1.JPG 母が食べていた菓子パン。その名は


midorigamepan.JPG やるな、ヤマザキ。


中身はミドリ亀クリームじゃなくてカスタードクリームでした。

焼きたて!! ジャぱんですよ!
http://www.yakitate-japan.com/news/
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

コンビニスタバ・Seattleラテ

スターバックスディスカバリーズ・Seattle(シアトルラテ)をついに見つけたー!

お買い物ドライブ中に寄ったセーブオンで確保。
9月の終わりに首都圏のコンビニ限定で発売されてから大人気だそうで、どこの店舗でも品切れが続いていたのです。
探してもない。ないないない。で、そのうち探すの忘れた。(笑)
しかし幸運は忘れた頃にやってくるのだ!

濃厚なコクととろりとした甘さ。ミルク感強し。
コーヒーは甘いデザートとして飲みたい私にはちょうど良かった。
210円はちょっと高いか?でもスタバだから許す。ブランドバンザイだね。(笑)
容器のデザインがこれまたステキ。

siatorurate.JPG 奥さんも一杯どお?

その5秒後
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

トルティアチップアボカド味

abochip.JPG こんなの見つけたぁ!

トルティアチップ アボカド味 218円
スーパーikari ecute大宮店


これは私のために店頭に並んだものだと確信。堂々「アボカド味」を名乗るからには、埼玉のプリンセス・アボカドのこのわたくしが食べてさしあげなければなりませぬ。

トルティア(トルティーア)というだけあって、三角のトウモロコシチップスです。
表示されている原材料名を見ると「粉末アボカド」というのが含まれているではないの。へぇへぇ。

さてお味は、

おいしいトルティアチップです。( ̄w ̄)ぷ

チップの緑色がアボカドであることを強く主張しつつも、アボカド検定5段を取得済みの私には少しもの足りなかった。アボアボしていないのです。
といいますか、別にアボカドって名乗らなくてもいーじゃん!このままでおいしいのに。気になったかたは、ご購入のうえお召し上がりください。( ̄w ̄)ぷぷ
袋のデザインは秀逸。

姉妹品として「スリーチーズ味」「スパイシーサルサ味」があります。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

母の日にランブータンを食らう

これ、「ランブータン」といいます。マレー半島原産のフルーツ。
仕事帰りに妹と寄ったスーパーで見つけて、即「これをハハノヒにしよう!」。
2人とも初めて見たフルーツだったので、一度食べてみたかっただけなのですが。
今にも動き出しそうな手のひらサイズのげじげじを前にして、母はびっくり。

geji.JPG オーストラリア産、4つで498円也。

マレー語で「髪の毛が生えたもの」という意味だそう。
トゲトゲに見えるものは触ると以外に柔らかく、なるほど髪の毛。
割ってみると果肉は白く、食感、味ともにライチとブドウを足した感じでなかなかお上品でした。
母、種を口からぺろっと出して「この種は取っとく?」。
いや、私のが1つあればいいですけど…。(笑)

店頭では赤みがかった黒いものと、写真のような真っ黒のものが陳列してありました。
この色の差は熟度の差では?と考え、2人でどちらが食べ頃なのか迷い、アボカドも黒いほうが熟してウマイから黒だよ!という結論に至ったのですが、これはブーでしたわ。
ランブータンは「赤」が食べ頃です!黒は鮮度が落ちてるって。
妹が割った果肉はどろりとした薄黄色で、私のとは違う不気味な甘い香りを漂わせていました。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

Qooのオーケストラシリーズ

父がこんなかわいいボトルを持っていました。

QOO.jpg

ボトル裏には
「クーが弾いているのはバイオリンだよ。バイオリンについてるf字って、むかしは三日月や半月や炎の形をしたものがあったんだよ。元々は作った人のマークを入れてたんだって。参考資料:図解 世界楽器大辞典」
だそう。 ∩゙ヽ(。・ω・。)へぇ~へぇ~へぇ~
他はどんな楽器があるんだろか。

いつも携帯電話のカメラで撮影してますので、画像が荒いです。
いいデジカメが欲しいなぁ。。。

ブログ名をちょっと変えてみました。



posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 飲み食い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。