2005年06月19日

ごろ太さん鉢植え

gorotahati.JPG 重量級のごろ太さん。
鉢植えにしました。根はだいぶ伸びましたが芽はまだまだみたい。おつむも完全に開いてません。
種が大きいと、大きく育つかなぁ。そうだといいなぁ。

ichiro9cm.JPG 一郎さん。
発根からちょうど1ヶ月、9センチにまで伸びました。
もうそろそろ、つやつやの葉が開きそう。^^
いつも太陽のほうに体を傾けているので、猫背です。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

祝★ごろ太誕生

大玉のアボ19号が発根。アボカドの発根は3つになりました。

19gorota.JPG 命名:ごろ太 (まん丸でごろっとしているから。)

ごろ太さんは重量級。お腹の包丁傷が土星の環みたいでステキ。
土星まで届くくらいに伸びてほしいものです。

アボ栽培における聖典アボカド好き!さんでは種に爪楊枝を刺して固定する方法が紹介されていますが、私は「刺す」という行為がどうしてもダメな人間でして。^^;
2個までは刺せたものの何だか見ていられなくて、それ以降は弁当箱の中に転がすかペットボトル(2つに切って上部をひっくり返してはめ込んでアボスタンドにしたもの)を使ってます。だって痛そうじゃん!私の子供の頃の予防接種なんてもう(中略)。

nagarebosinobiru.JPG 傷だらけのながれぼしさん。

野犬によってこのような姿にさせられながらも根が伸び続けて、もう5.5pに。
芽が育つかどうか、普段の倍の愛情を注いで経過観察中。
posted by どみ at 23:31| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

ながれぼし庭に落ちる

根が4pに伸びたアボカドのながれぼしさんを鉢植えにしようと、ランラン気分で準備していた時のことです。悲劇は起きました。
ペットボトルに入ったながれぼしさんを庭に出したあと、水やタオルを取りに一旦屋内に入ったのですが、戻るとながれぼしさんがいない!

are.JPG そこにはペットボトルしかなかった。

一瞬ボーゼンとなりました。え?これは誘拐?
と考えたところで、思い当たる節がありました。うちの野犬、じゃなくて、御曹司(ラブラドール)ですよ!
休日だし天気も良かったので、庭に放していたのです。
私が屋内に入ったほんの僅かな時間に御曹司が誘拐して、おもちゃにしたか食べてしまったかしか考えられません。
あわてて御曹司を犬小屋に閉じ込めて、庭を探しました。

そして、見つけましたよ、無残な姿を。種、まっぷたつ!
nagarebosiii.JPG 手にとると、くっきり歯形が。。。 
(BGMはブラームス作曲交響曲第1番の冒頭。Ob.ソロは私の嘆きです。)

こんな姿になってしまっても、やっぱり見捨てられません。悪いのはアタシですもの…。
半分でも育つものか、やってみたいと思います。
頼む、ながれぼし!奇跡をおこしてみて!!
悲劇の仲間、キヨミさんのページへGO!

種を食べると中毒を起こすこともあるらしい…。食わなくて良かったよ。
yaken.JPG 猿だって反省するんだぞ。おまえはどうなんだ。

posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

祝☆一郎さん発芽

一郎さんが発芽。
アボカド栽培を始めてまもなく3ヶ月、初めての発芽です。

ichirohatuga.JPG ほら、にょきっと。よしよし。

アボカドにおける発芽の定義というのがよくわからないのですが、どみ楽屋では「種から芽が見えたら発芽」ということに決めましたハイ。今、多数決で決まりました。(有効票数1)

かわいい3ヶ月間のまとめ。(6月4日現在)かわいい

普通サイズの種…16個(うち発芽・発根2)
ミニアボカドの種…23個(うち発芽・発根0) 計39個
ミニアボの23個中4個は生育不良につき大地にご帰還されました。
よって4日現在の種は35個。

ミニアボカドは品種名ではなく商品名です。
実も種もふたまわりほど小さく値段も安いのですが、私が買っているものはどうやら育たない種がほとんどのようです。
その理由の一つとして、流通段階において追熟を抑えるために冷蔵されている可能性が挙げられます。冷蔵庫に入った種は発芽能力が劣ると言われますもんね。
現在栽培中のミニアボの多くが、ちょっと元気ないなぁという感じです。
posted by どみ at 23:29| 埼玉 🌁| Comment(8) | TrackBack(4) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

一郎さん鉢植え

近所のスーパーが1個105円だったアボカドを135円に値上げしました。
許せぇぇぇんっ!その値段じゃオイラは買わん。

発根第1号の一郎さんを鉢植えにしました。
発根して14日、5.5cmに伸びてペットボトルの底に届きそうでした。

ichirohatiue.JPG 発芽まであと少し。
今後続々発根予定也。
マンゴーの分と合わせて、大きめの植木鉢を大量に用意しなきゃー!

そうそう、鉢植えと言えばアボ1号を始めとする「鉢植えチーム」。
水栽培にせず土に埋めたものが4鉢(種5つ)ありますが、変化に乏しいでよ〜。
3月のまだ寒い頃に植えたからかしら。水分が足りないのかしら。
種にヒビが入った種1つ、薄皮にヒビが入った種2つ、変化なし2つ…。
ボディの半分は土に埋まっているので、発根の確認のしようもないんだけど。(掘り返したいナ…。)
まぁ、気長に待ちます。早く発根させたいなら水栽培のほうがいいみたいです。
posted by どみ at 23:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

祝★ながれぼし誕生

アボ15号がめでたく発根。
15.JPG 命名:ながれぼし (由来:ボディの包丁傷が流星みたいだから。)
ながれぼしさんはこのミニアボを除く水栽培チームの中では最古参。
4月中旬にやってきてから長らくだんまりを決め込んでいましたが、ここ一週間ほどで一気に割れが進みました。

ichiro2.JPG さて、発根して11日目の一郎さん。
根が4.5pに伸びました。根の途中でくにゃっと邪念が入っているのは、数日間一郎さんを傾けたままペットボトルにセットしてしまったせい。
一郎さんは体がどう傾こうと地球の中心に向かってずどんと根を伸ばしたい性格のようです。
今週中にはペットボトルの底に達してしまいそう。
そろそろ鉢植えの準備をしなくては。発芽はまだみたい。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

アボ15号発根間近

ichiron.JPG 一郎さん。
おつむまでしっかり割れました。
地球の引力に引っ張られるまま、まっすぐにすとんと根を伸ばすこと2.5p。
まだ顔を出さない芽も緑色に染まって、葉のモトらしきものが見えます。

15号.JPG アボ15号。
次の発根はこの15号になりそうです。ここ数日で一気にぱかっときました。
この15号、ミニアボを除く水栽培チームの中では最古参。
黒いスジは包丁で切った時に出来た傷です。

abogarden.JPG わがアボガーデン。すべてアボカドの種です。
キッチンカウンターを植民地化しております。
母から「これ以上拡大するなら撤退せよ」という要請がありました。
原住民との衝突は避けたいところなので、一部は自室に集団移住させましたけど。。。

これまで育てた種の数33個。(うち3個は大地に帰還。)
posted by どみ at 21:54| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

祝★一郎誕生

アボ18号がついに発根しました。手(チョキ)手(チョキ)
これまで種を育てて2ヶ月と少し、その数33個。発根は初めてです。

発根.JPG 命名一郎(理由:日本一立派な名だと思うから。)

一郎さんは4月中旬にうちにやってきました。
ミニアボ並みの小粒っ子でしたがその成長は目覚しく、17人ゴボウ抜きでの発根。
これは箱根駅伝でもなかなか見られない大記録です。
1日に5oは根を伸ばしているかな?
発芽もまもなくでしょう。先端が緑色に染まってきました。
私は、健やかな時も病む時も一郎を愛し敬い慰め助け、心から真実を尽くすことを誓いまっす。(誰か、ここで祝福の鐘を鳴らしてください。)

さて、一郎さんのその記録に迫ろうとするつわものがいます。

29号.JPG アボ29号。
今月7日にうちに来た時点で、すでに自身の薄皮を破って割れ始めていました。
なかなか力強いヤツ。ペットボトル栽培に切り替えました。
この割れ方、なんだか笑っているように見えない?フフンって。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

期待の新星登場

ネット上で見る栽培記では、皆さん発芽ラッシュのようです。
我がのんびりアボガーデンにも、やっと期待の新星が登場。

もうすぐ.JPG ペットボトルのアボ18号。
小粒だけど一番成長が早いので、いつ根が出てもいいようにペットボトル栽培です。
ここ一週間での割れる早さは凄まじく、芽&根のモトが見えるようになりました。
体が完全に分離するのもまもなくだぁ♪よしよし。


われ.JPG 弁当箱チームのアボ21号。
大玉の21号は複雑な割れ方をしています。少なくとも3ブロックはあるみたい。
進化する脳のように日々しわが刻まれていくので、そのうちものを考えるようになるかもしれません。

鉢植えチームは植えて2ヶ月になりますが、7号のオツムが割れ始めた以外はなーんもなし。まぁ、土の中だし確認のしようもないんだけど。
水栽培に比べると成長が遅いらしいという話はどこかで読みましたが、全くそのようですね。
posted by どみ at 21:28| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(4) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

アボカドたち学校に行く

身体測定(座高)。
座高.JPG かかとを床につけてください。

体力測定(背筋力)。
背筋力.JPG 背筋力計のハンドルを勢いよくひっぱらないように。

給食。
給食.JPG隣のお友達とメニューが違っても文句は言わないこと。

掃除。
掃除ロッカー.JPG ロッカーの中に隠れているのは誰だ!

下校。
ヘル.JPG 自転車通学の者はヘルメットを着用のこと。



キャスト

アボ24号 アボ14号(ミニアボ) アボ27号(ミニアボ)
 

スタッフ

製作:どみ

原案:どみ

脚本:どみ

撮影:どみ

照明:どみ

監督:どみ

配給:どみ
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(11) | TrackBack(1) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

苔は失敗^^;

割れてきた.JPG 弁当箱水栽培チームのアボ21号。
薄皮にいくつもヒビが入ってきたので剥いてみると、
実が割れ始めていましたぞ。 (⌒v⌒)栽培を始めて3週間位です。

えーと、種を数えてみたら23個ありました。いつの間にこんなにねぇ。よく食ったよ。

●これまでの栽培記録●栽培歴1ヶ月半、発芽0個。(。-∀-)
鉢植え…………5個(うちミニアボ2個)
爪楊枝水栽培…2個(ミニアボ、しかし両方とも朽ち果て大地にご帰還されました。)
弁当箱水栽培…17個(ミニアボ7個、うち1個は大地にご帰還。)
ポット水栽培…2個
計26個!そろそろ打ち止めしたいところですけど、種はもったいなくて捨てられないしねぇ。アボカドはウマイしねぇ。


数日前に始めた苔栽培は早くも失敗に終わりました。^^;リサーチ不足ですの。
えーと、私が購入した苔は「乾性」の苔なのです。
どうやらかなりサラサラがお好みのようで、表面が乾いた時に霧吹きで一吹きする程度の水分で充分のご様子。
水でひたひたにしていたら蒸れてしまって、茶色く変色&悪臭〜。がく〜(落胆した顔)
ミニアボは水栽培に戻しました。
余った苔、どうしようかな。。。苔玉にできるかな。

poxtuto.JPG
右は100円ショップで見つけた水栽培ポット。大玉アボにはぴったり♪
左は手作り。ペットボトルを半分に切って上部を逆さにしてスタンドにしました。
この小玉ちゃんは種の全体に割れ目が入っているので、芽吹きは一番早いかもしれません。

posted by どみ at 23:45| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

ミニアボ苔栽培開始

ホームセンターで苔を買ってきました。
ミニアボ水栽培チームがイマイチ元気ないので、苔栽培でも試してみようと思いまして。

drymoss.JPG 「ドライモス」というのだそうです。
店員さんに「苔ありますか?」と聞いたら、ビニール袋に詰められた軽くてサラサラのこれを出してきてくれました。まるで手芸用品みたい。
その水気のなさに驚いて「あの、これ生きてますよね?」と聞いてしまいましたよ。(笑)
ヤマゴケと呼ばれている苔で乾性なんだそうです。
水に浸けて明るい所に置けば生きかえりますよ、と店員さん。ちゃんと光合成するのね。

ミニアボ苔栽培.JPG

ミニアボカドと苔が相性いいのかわかりませんけど、
ちょっとしたインテリアにイイジャナーイ♪

これを見た妹、「海藻サラダ?」…。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

ミニアボは難しい

とうとう妹が「おねーちゃん、よくアボカド食べてるけど、それウチで収穫したの?」と真顔で言い出しました。
ウチのどこにアボの木があるんじゃ?妹よ。あるなら姉に教えなさい。

更に極めつけは「じゃあ、そのごろごろした種からはいつ実がなるわけ?」…。

妹よ…。埼玉でアボカドの実を採るのは難しいんだよ。冬は寒いだろう?
それにこの種だって割れ始めたばかりで、芽すら根っこすらでてこないだろう?

種の日々の小さな変化を見逃さないように毎日じっと見つめ続けていた私には、妹のツッコミは衝撃的でありました。あいつは食う所まで見越していたとです…。

もし、いま育てている種が成長して実をつけた暁には、アボカド大農園を造りうまい埼玉産アボカド(その名はクロピカリ)を売りさばいて大富豪になりたいと思います。
メキシコに輸出して、農協から感謝状を貰おう!

abokusari.JPG ミニアボは水栽培に向かないのでしょうかねぇ。
アボカドより一回り小さい「ミニアボカド」の種が、どれも元気ありません。
実から取り出して数日経つとしわしわになり始め、10日も経つと赤茶色に。
写真のこの子は大地に帰すことにしました。
鉢植えのミニアボは順調のように見えるんだけどなー。

hatiue4.JPG 鉢植えチームのみなさん。
室内だと土にカビが生えやすいので、たまに小一時間ほどひなたぼっこ。
posted by どみ at 23:50| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

種の1年後

アボカドを育て始めて1ヶ月が経過。
鉢植え5個、爪楊枝で水栽培が1個、弁当箱で水栽培8個の、計14個です。
発芽はまだまだなんですけどね〜、薄皮にヒビが入り始めたりして順調に育っているようです。小さな変化を見つけるのが楽しい。

栽培を始める前の種はどうしていたかというと、裏庭に放り投げてたの…。
ということで、ちょっと番外編を…。

なれのはて2.JPG なれのはて.JPG

1年経過…っていうところでしょうか。^^;
どみ家では「種は裏庭に奉納せよ」という古くからの言い伝えがあり…というのは嘘です。(笑)
昔、祖父がスイカを食べながら種を裏庭に吹き飛ばしてたら、のちに芽が出て立派なスイカが結実したことがあったので、
ならば私はアボをと、テキトーに(半分本気で)放り投げていたわけです。
(ちなみにこの裏庭、スイカの他にかぼちゃ、柿、梅、栗などの実績を上げています。食い意地のはった先祖のおかげ。)
アボが露地で冬を越せないことは、育て始めてから知りました…。
ごめんよアボ…。たらーっ(汗)
今日はこのような姿の種を10個ほど発見。大地の肥やしとして立派になってください。

posted by どみ at 22:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

アボおませさん

いま種は14個。順に「アボ○号」という数字をつけてきましたけど、
弁当箱で集団水栽培を始めて以来、もうどれが何号なのかわかりませーん。
油性ペンで背番号つけとけば良かったな。顔を書いたりね。

そんな一つにおませさんを発見。

感.JPG この子、実の中で種が割れてました!

アボカドを食べる事に夢中のあまり「あ、皮が割れててラッキィ♪」くらいにしか思わなかったのですが、今日よく見てみると実も割れてるじゃなーい♪
順調に育ってほしいな。

 
neruzo.JPG

興味を持ってクンクンしていた御曹司は、種が食べられないと知るやいなやフテ寝。
posted by どみ at 23:45| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

アボ2号大地に帰る

桜の満開まで秒読み♪
通勤電車内から見える北区の飛鳥山公園の桜は、日に日に花が増えてまもなく満開です。
今年の関東の桜は、入学式に合わせてくれたみたい。

Pic001.JPG 3/19に植えた、小粒4・5号です。
どうです?この元気な雑草の芽
このままかわいがって、花でも咲かせてやろうと思います。
母はこれをアボの芽だと思っていたようですけどね〜(笑)、アボはまだ寝てます。

爪楊枝で水栽培の小粒2号はどうやら腐り始めたみたいです…。もうやだ〜(悲しい顔)
ん〜何が良くなかったのかは、もう少し経験を積まないとわからないな。。。
薄皮をつけた栗のようにしわしわになってしまったので、2号は大地に帰すことにしました。
皮をむいて割ってみるとへそみたいなものがありましたけど、これが芽のモトだったのかな?
同じ水栽培の3号も元気がありません。

他のアボたちは順調。(たぶんね。)発芽はまだまだだけど。
土や水の中で、のんびりしているようです。

ただいまアボ11号まで揃いました。さらに増殖中。
posted by どみ at 23:59| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

アボ6・7号を植える

ハイペースでアボカドを食べてます!なぜなら、ウマイからです!

アボ6号(大玉)と7号(卵)の種を鉢植えにしました。
小雨の中、早朝から庭の土をほじくり返したりして、へっぽこ演奏家はちゃんと仕事してるんでしょうか?(いや、今日は三連休の最終日なんだけどさ…。)

1号の薄皮が僅かにヒビ割れているのを発見!髪の毛よりも細〜いヒビです。
発芽に向けたものなのか、オツムが乾燥して自然にできたものなのかは不明。
種をほじくり出して見てみたいけど、きっと見てはイケナイのよねっ。ねっ。

爪楊枝で水栽培の小粒2・3号は元気がありません。
種はしわしわで、中は黒ずんでいるようです。これはダメかもなぁ。
もう少し様子を見ましょう。

土植えの小粒4・5号は、変化なし。かわいい雑草が元気に顔を出しています。

アボの鉢は6つに増えました。
リビングの主から(また増えたのォ?)という無言の苦情が来そうなので、6と7号は部屋飼いに。
それ以降の種は、たらいに水をはって転がしておこうと思います。

種いろいろ.jpg 立派な毛細血管をお持ちの6・7号さん。 
posted by どみ at 23:19| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

ついに出た…

ついに出ちゃいました!

19日に植えたアボカド4・5号(仮名)の鉢から、緑色のものが!

よく見ると、かわいい小さな双葉。
え?双葉?

ハイ、雑草が生えてきましたよー。 ( ̄∇ ̄?)
アボには影響なさそうなのでこのままにして、雑草の成長も見守ることにします。
まぁ、いいではないの。かわいい奴よ。

一方、10日に植えたアボ1号(仮名)の鉢からは、うっすらと白いものが!

ん? 白?

なんと、土にカビが生えてる!がく〜(落胆した顔)カビィィ

どうやら母がせっせと水をあげていたらしい。(どおりで土が湿ってると…。)
アボを植えた当初は鉢を見て鼻で笑っていた母も、情が移ったご様子。
でも、やりすぎなんだってば!

1時間ほど外気で日光浴させて、土を少し乾燥させました。
カビも少量なので、おそらくアボには影響ないでしょう。
雑草でもカビでも、どーんと来なさってよ!

アボ6号スタンバイ.jpg ビーカーの中で静かにその時を待っている、大玉の6号。
posted by どみ at 23:10| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

アボ4・5号を植える

アボカド4・5号(仮名)は、一つの鉢に寄せ植えにしました。

2・3号と同じく、スーパーで2個99円の小粒っ子です。
(袋には「ミニアボガド」と。)種は親指くらいの大きさ。

10日に植えた1号、14日に水栽培を開始した2・3号は、その後変化はナシ。
1号は10日が経とうとしているので、掘り起こして種の様子を見てみたい衝動に駆られる…けど、きっと何も起きていないんでしょうね。(絶対ね。)
諸先輩方の栽培記によると、ひたすら待つしかない模様。
こうして待っている間に、種はどんどん増えるのであります。(だってアボカドはおいしいから♪)
次は大きなアボカドを買ってこよう!

よせ植え.jpg 
御曹司は植木鉢の中身が気になっています。「それ食えるのか?」
posted by どみ at 20:39| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

アボカド水栽培

コップの中でスタンバイ中のアボ2号・3号は水栽培にしてみました。

アボカド好き!さんのページでは、種になんと爪楊枝を刺してスタンドにしてますっ。がく〜(落胆した顔)(これでも問題はないそう。)
ちょっと痛々しいけど、私もこの方法で。
種の表面は硬そうに見えますが、爪楊枝を立てるとすっと入りました。
種が割れるまでは早くて1週間、根が出てくるまでは、さて何日でしょうかね…。
腐らせないよう水はマメに交換すべし、とのこと。

10日に植えたアボ1号はその後、見た目の変化はナシ。
発芽まではまだまだですねー。

アボ2号3号.jpg 小さな種なので、コーヒーカップでもちょうどいい。 
posted by どみ at 22:45| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。