2007年09月15日

ペピーノ食べた

「ペピーノ」と聞いて、何を思い浮かべますか。

昔のオトコの名前。
アマゾン川流域に伝わる秘薬。
イタリアファッション界で静かな人気の口コミブランド。

ま、なんでもいいんだけどさ。うちのペピーノはこいつです。

pepi61.JPG pepino!
5月中旬に苗を鉢に植えたら、あれよあれよと言うまに丈を伸ばし、ぷりりんとした実を5つつけた。わずか3ヶ月。
収穫に10年くらいかかりそうなアボカドの木に比べれば、驚異で脅威である。


大きさ、鶏卵Sサイズくらい。 pepi97.JPG

苗についてきたタグには「メロン+洋梨+αの上品な味!」とある。
そうなの。このタグを見て「今年はベランダでこれをやる!」と決めたんも。
冷やしたものを鼻息を荒くして切ってみると、黄色いキウイみたいでメロンに似た香りがする。

pepi98.JPG

さて、お味。
メロンというよりは瓜である。
洋梨というよりは瓜である。

瓜じゃんか。

とってもジューシーなのだけど、「南米フルーツ」らしき華やかさに欠ける。
そのお味はシンデレラ級か白雪姫級か、はたまたかぐや姫級かと期待したら、タバコ屋のさっちゃんくらいに無事治まっている。(あたしが育てたから?あれ?)

「メロン+洋梨+αの上品な味!」というタグには、重量級のツッコミを入れたいところだが、これはこれで瓜としてなかなかさわやかである。
ビールのつまみにサイコー。


皮は剥いて食べるべし。
始めは食べ方がわからなかったので、そのまま食べたら、まるで紙を口にしているようであった。
ひとつ賢くなった。




posted by どみ at 14:43| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

まるまるペピーノ

「メロン+洋梨+αの上品な味!」という素敵なキャッチコピーにときめいて私が即買いしたペピーノ
5月中旬にベランダで育て始めて、わずか2週間ほどであれよあれよという間に花を咲かせた。

pepi611.JPG え、もう咲いちゃう?という感じ。

去年同じ鉢でトマトを育てた時は、雨水を葉に当てないようにー、脇芽が出たら摘み取ってー、倒れないように支柱を立ててー…というように、母子手帳のページをめくるがごとく慈しみを持って、だいじにだいじに育てたのである。うまい冷えトマトを食いたいからであったが。

ところがこいつは違う。
わしゃわしゃと葉をのばし、こちらの心の準備が整わないうちにしゅぱぱぱんと花を咲かせた。
母子手帳も3ページ目くらいから背表紙まで飛び級してしまった感がある。
そしていきなりどかんと実をつけた。花が咲き終わって落ちた頃にはもう実がふくらみ始めているのである。これでは母子手帳どころか年金手帳に一気にステップアップである。おませさんなのね。

pepimi.JPG

日に日に実は大きくなり、なんだかソレっぽくなってきた。ピンポン玉よりやや大きいくらい。
メロン+洋梨+αの上品なお味を堪能できる日は近そうだ。

posted by どみ at 00:04| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

新入りペピーノ

気候がよろしくなってきました。
寒い頃から心の奥底に熱い思いをしたためていた人々が、じわじわとその思いをチラリズムし始める時期です。
「今日からボクは指揮者」宣言をする人。
「ホントに転職してパティシエ修行を始める」宣言をする人。
「歯医者に行く」宣言をする人。
いろいろな人がいるものですが、私は土いじり宣言をしてみました。えぇ、血は農民ですもの。

トマトは去年やったから、今年は別のものを育てたいな。
半日しか日が当たらないベランダで、植木鉢で、あまり手をかけずに収穫できるもの。
かつ、巨大化しないもの。(トマトなどベランダがジャングルみたいだったもの。布団干せないし。)
かつ、調理せずともそのまま食えるもの。
となったら、こうなりました。

その名もペピーノ。 pepi0508.JPG

ポット苗を近所の園芸店で発見。南アメリカ原産だそうで、今は高さ約20p。
名も知らぬこのフルーツの何に惹かれたかと言えば、タグに書かれた「メロン+洋梨+αの上品な味!」です。+αってなにー?!(゚∀゚)
レモンやいちごを凌ぐ豊富なビタミンCだって。そりゃーすごいわ。
トマトと同じように育てればよいのだそうで、今度は巨大化させないように支柱に誘引しながら、きっちりきっちり育てたいと思います。
さて、どんなお味なのやら。


園芸店のおねえさんからもらった育て方パンフをよくよく読んでみると、ちょっと気になる一文を発見。ペピーノは「常緑の低木」ですって!
こいつ「木」だったのか…。ますますきっちり育てないと。

posted by どみ at 23:09| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(1) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

まだまだベランダトマト

トマトがまだまだヤル気。
10月になってからも花を咲かせ、実をつけています。ありがたや。

こいつは赤くなるかなぁ。 toma103.JPG

葉が枯れても実はなる、という事実。
この季節になればさすがに赤くなるにも時間がかかるようで、しばーらく緑のままでいるようです。
鉢を含めた高さは2mを超えます。ファインダーを覗いてシャッターを切れない高さ。
どうやら私の計算が甘かったようで、ベランダにある植物たち(ハカラメ2鉢、バジル、紫蘇)はどれも巨大にぶくぶくと太り続けています。想定外でした。
トマトが枯れたら、枝葉をじゃきじゃきと切って燃えるゴミに出して、広くなったベランダでお布団を干すのが私の独居生活の夢なのですが、まだまだムリっす。

toma1031.JPG へそまがり。

小指の先っちょくらいしかないこいつは、世の中をナナメから見ています。
何か不満があるのでしょう。聞かないことにします。


posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

ベランダトマトの底力

だって、黄色くなる葉が増え、枝先も枯れ始めてきたんですもん。
頑張ったトマトももう枯れる季節なのだなぁとしみじみ秋の入り口を思っていたのです。
一緒に上京してきた戦友がいなくなるのだなぁ、ベランダが寂しいなぁ、でもこれで布団が干せるなぁ、なんて。


ところがどっこい、なーんのなんの。 toma909.JPG

数日前からまた花が咲き始めました。どげしたんよ。
これから実がなるのかしら。

もしかしたら、衰弱していたのはお盆の帰省の時にかまってやれなかったのが原因?
1度くらい御天水が降るだろうから数日なら留守でも大丈夫だなと思っていたんだけど、足りなかったかなぁ。(というか、雨は降ったのだろうか。)
そういえば、トマトが枯れるにはまだ早いよねぇ。だよねぇ。


toma09091.JPG

先が枯れた枝はじゃきじゃき切ってしまったのですが、そこからも新しい芽が育っていました。うわわぁ、ごめんよ。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

ベランダトマトの晩夏

もう8月も終わりね。 toma181.JPG

ベランダトマトの元気がなくなってきました。
生長が止まり、葉が黄色くなり、いくつかは枯れ始めています。
もうそんな時期なのね。

鉢を含めた高さ、180cm。
収穫した実の数、30くらい。

よく伸びましたよ。遊びに来た友人は皆びっくりしておりました。
こんなに大きくなって布団が干せなくなるなんて想定外でしたが。
中玉トマトの苗を買って育てたつもりでしたが、生った実はミニトマトばかり。(マイクロトマトみたいなのもあった。笑)
あまりにも小さくてミートソースを作るまでにはならなかったものの、おめざのひと口や小腹満たしのひと口にはありがたい存在でした。


toma182.JPG 残すところあと2つ。

これが赤くなるには少し時間がかかりそうです。かわいがってあげましょう。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

バジルの種を採る

バジルの種を採りました。

振ると種の音がカサカサと。 basil820.JPG 

シソ科だけあって、種のつき方などはシソとそっくり。
放っておくと風に種が飛ばされて勝手に大繁殖してしまうのではと気づき、あわてて採りました。
勝手に大繁殖はハカラメだけで結構です。

basil821.JPG

1本の苗から500くらいの種が採れそうな予感。本当にお盛んでございます。
10個の種をまいて3個しか実がとれなかった蕎麦に比べれば大成功なのですが、500もあってもねぇ…。
シソ科の奴らはかなりたくましいので、種を蒔いただけ育つのです。お江戸ベランダファームで蒔くなら5あれば充分です。
来春あたりに、実家の庭にでもばらまきましょう。


バジルの葉は現在塩漬けにして、コールドスリープ中。
basil8212.JPG

葉はサラダやパスタに。塩はバジルソルトに。いっせきにちょーう。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

トマト豊作

お江戸ベランダファームで育てている中玉トマトが豊作です。

高さは170cmに伸び、幅は1mに。 toma8101.JPG

男一人分が狭いベランダに立っていると思ってください。布団が干せないはずです。
毎日1〜2個を収穫して、もう20くらい食べたかしら。
今月いっぱいはまだまだ収穫できそうです。

でね、中玉トマトの苗を育てたはずなんだけどね。

toma810.JPG どう見てもミニトマトだろう、これ。

ミニミニもあるじゃないか。
晴天でも半日ほどしか日が当たらず、育て人はたびたび家を留守にして水やりを欠き、という悪条件の中で育ったせいでしょうか。

気になるお味は、私が育てただけあって硬派な味です。
甘みは強くなく皮はぷっちり。ひと昔のトマトってこんなのでは?
スーパーの陳列棚で「あたしを買って食べてェ〜」と指名待ちしているような輩とは違います。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

シンゴナンサスの底力

お江戸ベランダファームで数少ない“食えない”植物、シンゴナンサス
園芸店で買った苗を育てて約10ヶ月です。

“ミカド・ゴールド”という種類。 singo084.JPG 

珍種です。アストロちっくというか、和風ちっくというか、ヒジョーに個性的なたたずまい。
なんてったってですよ。殿ですよ。
花期に当たったのか、以前の住まいである武蔵国よりも江戸の空気が肌に合ったのか、ティンパニのマレットのような花を次々と咲かせるようになりました。

singo085.JPG

こんなに乱れ咲きしたのは初めてで、うれしい限り。バカ殿っぽいけどかわいいなぁ。
もう一つの食えない植物であるハカラメは最近不良じみてきました。
好き放題伸びて、高2のような野郎ぶり。
深夜に隊列を組んで川越街道を爆走しそうな勢いです。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

蕎麦の実はなったけれど

蕎麦の実。 sobanari.JPG 

ノーベル努力賞受賞の、ベランダの虚弱っ子・蕎麦。
枯れた花をよーく見たら、なんと実がついていました。
蕎麦の実、3粒!こうやってなるのかぁ。

でもちょっと待って。

 ……これだけ?

あんなに花が咲いたのに、こんなもんですか?
来年はマイ蕎麦の実で蕎麦打ちするつもりだったんですけどー、これじゃあそば粉にもならないかもしれないじゃないか。
10粒の種を蒔いたのは今から2ヶ月ほど前、梅雨真っ最中でした。
そして収穫できるのは10粒もないかもしれません。もうけがありません。

まぁ、「缶」栽培だからね。しょうがないか。蕎麦茶にでもしてみましょうか。
ベランダ栽培で蕎麦打ちするなら、大きなプランターでがっつりやりましょう。
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

咲いちまった悲しみに

蕎麦の花です。

soba0721.JPG

これ、もともとはスプラウト(芽)を育てて食べる栽培キットです。
処分価格で安売りしていたものをなんとなく買って蒔いてみたら、ホントに芽が出ました。
スプラウトは栄養価が高いんだとかで、5cmくらい伸びたら摘んでサラダにして食べるつもりでしたが、爆発的壊滅的集団的大生長を続けるプランターのHG(シソ)に気を取られたり数日間留守にしているうちにあれよあれよと伸びて、今では50cmくらいに。。。

soba720.JPG こんなに大きくなっちゃ食えないねー。

露地ものに比べたら随分ひよわいですが、手のひらサイズの缶でここまで伸びたことに対してはノーベル努力賞が授与されるべきです。

よし、実を採って倍に増やしてやろう。
来年は蕎麦打ちだ。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

ベランダトマト初収穫

時がくれば一気に赤くなると聞いたけれどもまさにその通り。
ベランダの鉢植え中玉トマト、初収穫です。もちろん無農薬。
3日間でこんなに色が変わったの。

そろそろかな、と。 toma1.JPG

toma2.JPG その翌日。色が変わってきたよ。

3日目には真っ赤に。 toma3.JPG わーい。ぴかぴか(新しい)

中玉にしてはやや小ぶりでミニトマトくらいのサイズ。
よく冷やしたものをわくわくしながら食べてみると、ウマイ!
思ったよりも甘みは少ないものの、味がぎゅっと濃い感じ。
皮がぷりぷりしているところは小笠原の島トマトを思い起こさせます。
うーん、うれしいなぁ。
思えば5月、引越しトラックに揺られて共に上京してきた私とトマト。
あの時は30cmくらいしかなかったのに、こんなに立派になりやがって……うぅ。(←涙)
窓を開け放てばトマトの雄姿。これを眺めながら夜は酒がすすみます。

ただいまの高さ(鉢含む)は160cm。
私の身長を超えたのはもちろん、物干し竿に先端がタッチするのも時間の問題となりました。
左右に大きく広がった枝は自重に耐えられなくなったので、物干し竿からビニールの紐で吊って支えています。

そして驚くことなかれ、ただいま青い実の数35
まるで葡萄のように、たわわに。
まだ花が咲きそうなので、実はこれよりも増えるかもしれません。
ミートソースが作れたらいいなぁ。
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

バジルの花は白かった

badil1.JPG 花、咲いちゃった。

バジルって奴はとにかくタフです。
2日間かけてバスと電車と乗用車に揺られて上野国から江戸にやってきた時はさすがにしおしおでしたが、やかんで水をぶっかけてやるとゆらりと立ち上がりました。
きっとラグビー部員の血が流れているのです。

香り豊かな葉は、お料理に様々なプチ贅沢をもたらしてくれます。
100円ハンバーガーに2枚くらい挟みこめば、250円くらいにランクアップ。
パスタにはらりとのせてみればさわやかなジェノバの海風がお部屋にそよぎます。(たぶん。)
頼もしいのは、葉を摘んでも摘んでも摘んでもくたばることなく新しい葉が伸びてくること。
丈まで伸ばしてこれでもかこれでもかと。体育会系なのは間違いありません。
比べて同じシソ科のシソは文化会系のようです。
葉を摘み倒すと数日間は茎が哲学的に物思いにふけって静かに佇んでいますが、悟りの境地に達したところで倒れます。後進に道(というか生長スペース)を譲ります。

“花が咲いちゃったら女はおしまい”と誰かが名言を残したように、バジルも咲いちゃったら後は下り坂。生えてくるのはカサカサの硬い葉ばかり。
姿をいかにマシに保つかが勝負です。
花咲く前のやわらかい葉は早めに摘み取って塩漬けにしてコールドスリープ。
これでしばらく細々とプチ贅沢を楽しめるはずです。
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

HGの近況

hg75.JPG HGってさ、てーへんなんよ。

なーにがてーへんかって、そらもう、間引くのがよ。
おーら、種を蒔きすぎたんべ。
でぇ、蒔いたのがほとんど芽ぇ出したから、いらねぇのひっこ抜いて食って、鉢にちっとんべ残しときゃいんだけんども、そんなに食うほどもなくて抜けねんだ。
びんぼだからもったいねくてぶっちゃれねぇし。
そしてるうちにもまっつぐにでっかくなるんだけんどもね。

ちっと葉に穴あいてきたんよ。
虫でも食ったんかもしんねぇ。
んまかねぇやねぇ。





シソの半月前。
http://domis.seesaa.net/article/19720004.html
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

尻青トマト

ベランダの鉢植えトマト。

toma630.JPG 15個くらい実がつきました。

トマトの葉は水嫌い。ぬれっぱなしを嫌うので大雨の日は部屋の中に入れていましたが、もはやそれもできなくなりました。重くなったから。(笑)
好き勝手に枝葉を広げさせたので、支柱を少しでも揺らすと自重で倒れてポッキリいくのは必至です。
床からの高さ(鉢含む)は145pになりました。
“ここまで大きくなるとは思わなかった”と6月初めに記していますが、未だ生長が止まることなくどんどこどんどこ伸び続けています。
トマトに身長を抜かされるのも時間の問題となりました。
まぁ、窓際の防犯に一役買ってくれている(と信じたい)のはありがたいことです。

こちらは一番大きな実。 toma631.JPG 

大きくなれども赤くならず。
日照不足が心配なので、balooのママさんから教えてもらったシルバー光線作戦(勝手に命名)を継続中。
支柱や床に反射するものを置き反射光を葉に当てて日光量を稼ごうというものです。(プロの農家がやっています。)
ベランダではキッチンの油ガードがぴったり。


実家近くのトマティストたちの庭はもう収穫を迎えています。
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

ソバの芽

お江戸ベランダファームではこんなものも育てています。

蕎麦栽培キット。 soba1.JPG 

発芽させてスプラウトを食べるためのものらしい。
雑貨店の閉店セールで100円になっていたので買ってみたのが半年前。
春になったら蒔いてみようかと思ってなんとなくとっておいたのです。
蒔いて数日、ホントに芽が出た。生きていたんだぁ。

soba2.JPG また数日後、起き上がりました。

soba3.JPG たくましいヤツだなぁと感心しているうちに

soba4.JPG でかくなりすぎたみたい…。

お隣の鉢のシソがぼーぼーに育っているのに気を取られていたら、スプラウトの時期をもう過ぎてしまいました。
どうしようかなぁ、炒めて食べちゃおうか。それとも花でも咲かせてみるか。お江戸に信州の蕎麦畑を。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

大繁殖HG

ベランダのHG退治に追われています。

hg6191.JPG HGとはシソです。(わかりますね。笑)

もう、わさわさわさわさ、わさわさわさわさと。
種の蒔きすぎで大変なことになってしまいました。
間引かないと一家全滅になりかねないので、朝夕に摘んで食材にしています。
しかしいくら間引いても翌日にはその間からまたわさわさとHGが顔を出してくるありさまで、一向に減りません。
恐るべしHGパワー。

お茶漬けにHG、トーストにHG、温泉卵にもサラダにも煮魚にもハヤシライスにもHG。
HGスプラウト(HGアルファかな?)は向こう1年のーせんきゅーです!


でもね、まだチビのくせにいっちょまえにシソの香りがするんだなぁ!
かわいいヤツ。


10日前のHG。
http://domis.seesaa.net/article/19144438.html



posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

バジル

お江戸ベランダファームに、上野国から新人が来ました。

スイートバジル。 basil.JPG 198円也。

出張で訪れた仕事先の近くに大きな園芸店があり、気になったので帰りにふらりと入ったらバジルと目があってしまったのです。
さわやかでスパイシーなハーブ香に「こいつは役立つ!」と直感。
お江戸じゃこんなに安くてイキの良いバジルは売ってない!などと思い込み(ひどい思い込みだな)、電車でお江戸までお持ち帰りしてしまったのでした。
車内に香りを拡散させながら…。(そんなに香りが飛ぶとは想定外だった。笑)
お江戸に着く頃には数本あるうちの茎が一本折れてたけどね。

ハーブって無くてもなんとかなるけどあるとうれしい。
サラダ部隊として活躍してもらいましょう。


狭いベランダファームもなかなか充実してきました。
食糧難対策として中玉トマト、シソ、バジル、ソバ。
心の癒し効果としてハカラメ2鉢、シンゴナンサス。

いよいよ布団が干せなくなりそうなのでこれ以上は増やしません。たぶん。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

HG発芽

さて、これは何の芽でしょう。 hg.JPG ひとつ5_くらい。

自分でプランターに種を蒔いておきながら、出てきた芽を見て「え?これがなの?」とびっくり。
だって、葉っぱにギザギザがないんだもん。まさかこれドクダミじゃないよね?なんて思ったり。

答え。記事タイトルのとおりシソです。(深くつっこまないでください。)
種まきからわずか4日でこんなに。

園芸店で買った種を妹と半分に分けて、私はお江戸のベランダで、妹は武蔵国のベランダでそれぞれ育てているのです。
プランターにテキトーにばらばらと蒔いて、半分くらい発芽すれば今夏は充分な量が収穫できるなと思っていたら、どうやらほとんどが発芽したらしい。なんて優秀なの。アボカドの種とは違う。(笑)
武蔵国でも同じ状況のようで「9割くらい間引きした」との報告。
そりゃいくらなんでも間引きしすぎだろう。それ以前に蒔きすぎだってば。あ、私もか。ご利用は計画的に。


明日あたりからシソスプラウトのフルコースだな。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

トマト爆伸中

トマトがこんなに大きくなるなんて誰も教えてくれなかった…。


以前“豆の木のように伸びている”と綴ったベランダの中玉トマト。
豆の木どころか昇り竜のようです。
ただいま高さ約80cm。床から測れば1mを超えます。
1ヶ月で50cmほど成長。
支柱をなぎ倒す勢いで伸びているため、支柱を支える支柱を用意することになるかもしれません。
あるいは上にある物干し竿から紐で支えるか…。
どうしよう、お布団が干せないよう。(泣)


ぴかぴか(新しい)めでたく結実。ぴかぴか(新しい) tomami.JPG

実はついたものの天候不順による日照不足が気になります。
花はこれまでにいくつか咲いているものの、落ちてしまったものも多いのです。
赤くなってくれること願って、収穫の日までトマト絶ちを決めました。(笑)
posted by どみ at 23:59| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。