2006年10月28日

小尾瀬

susuki2.JPG 


                          抱きたる胸のうちそと芒原    久保純夫








posted by どみ at 23:46| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

キレてます。

おかあさん。
私は知っています、あなたがとても愛情にあふれた人だということを。
私が東京宅に帰る日の朝には「お米、持っていきなさい」と優しく声をかけてくれましたね。

でもおかあさん、私は知っていました。
それが今朝食べたおいしい新米ではなく、古米であるということを。
「こんどは新米あげるからねー。」と言うあなたの顔は、やはり愛情にあふれていました。


おかあさん、私は知っています。
あなたが私を一人の女性として見てくれているということを。
私が東京宅に帰る日の朝には「これ、飲みなさい」と、コラーゲンドリンクを持たせてくれましたね。

でもおかあさん、あなたは知らなかった。

0609.JPG これ、消費期限が過ぎてますぅー!
しかもなに、見本品って。試供品じゃないのかよ。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

音渦巻く

saji.JPG


口ではうまく言えないけれど、なんだかものすごーく気になってしまう。
あら、えぇ、まぁ、どうして、でも…な、一枚。





赤坂鳥居城回廊より
posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

彼氏ができました♪という名の地雷バトン

物騒なタイトルですんません。
オオバさんちから地雷バトンをかっさらってきました。
ルールも物騒ですがわたくしは良い子なので、強制しません。ご随意にどうぞ。

《ルール》←あくまで原則(当然、例外ありです)
見た人はコメントを残して自分もやる事。
絶対(・∀・)
強制(・∀・)
OK??? 足跡に証拠残ります。
地雷バトンです。
(かならず日記のタイトルを 『彼氏or彼女ができました♪』にしなければならない)



1.朝起きて最初にすることは?
 飯を温める。鍋で湯をわかす。電気ケトルがほしいなー。
 かつてはベランダの植物に挨拶することだったが、最近寒いのでごぶさた。
 
2.これだけは欠かせない日常的な事は?
 こうやってパソコンを開くこと。

3.好きな食べ物3つ
 寿司。
 もんじゃ。
 ホワイトソースのもの。
            
4.嫌いな食べ物3つ
 だから無いんだってば。

5.踏まれたくない地雷は?
 仕事何やってんの? (説明が面倒だから。笑)

6.最近1週間で嬉しかった事は?? 
 妹に先を越されたこと。昔は青っ鼻垂らしてたくせに。
 
7.最近1週間で悲しかったことは??
 妹に先を越されたこと。今だって私よりチビなくせに。

8.今使ってるシャンプー&リンスは??
 パンテーン。引越しの時にもらったもの。
 そろそろ変えたい。TSUBAKIが気になる。

9.お風呂で最初に洗うのは??
 浴槽。(笑)

10.恋愛とは??
 久方の 光のどけき 春の日に しづこころなく 花の散るらむ

11.恋愛は手のひらで転がすタイプ??
 お互い転がしあえばええじゃないか。大玉転がしのように。

12.あなたの長所は??
 随時募集中。

13.あなたの短所は??
 そんなのわかってるもん。

14.動物にたとえると??
 小動物系。カゴの中で車輪をぐるぐる廻してる。

15.弱点は??
 環七。

16.寝る前にする事は??
 こうやって文章をしたためること。
 
17.リラックス・ストレス発散法は??
 バッハのバカっ弾き。

18.大好きな季節は??
 梅が咲く頃と桜が咲く頃と麦が揺れる頃と田植えの頃と花火大会の頃と空気が乾いて空が高い頃と金木犀の頃と紅葉の頃。



posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | バトンいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

月9ののだめを見る

うっかり見てしまった。(途中から。)
だって、8を押しちゃったらのだめちんがいたんだもん。


紙上ののだめカンタービレは、私の中では既に完成形なのである。
紙から充分に音は聴こえてくるのである。
よって連続ドラマだろうがアニメだろうが、以上でも以下でも、私にはのだめカンタービレじゃないのである。



という文章を先月末に綴ったが、不覚にも見てしまった感想は

おもしろい。

テレビ見て笑ったのなんて久しぶりだもの。
コミックス心酔者でアンチドラマの私が見ても、これは許せた。
許せたと言うか、上出来。すばらしか。
ドラマスタート前はあまり興味無く“百歩譲って、コミックスとは別作品のつもりで見ればそれなりにおもしろいのではないか”などと思っていたが、いやもう別作品じゃない。
ちゃんと紙上からキャラが立ち上がっている。
なんと言ってもミルヒーを見られたのが感無量大満足である。
ミルヒーが務まるのは、怪しいイルカ調教師やロングネクタイを歴任してきたこの御仁しかおられますまい。


私が住んでいる建物は音出し可物件なので、住人は楽器弾きばかりである。
お隣さんはピアニストにしてパンクロッカーで、エレキギターの音がこちらまでよく漏れてくるのだが、この時間にしては珍しく静かであった。

隣の君も見てたんだね。月9を。
ドラマが終わった22時にはいつものように鳴り始めたもの。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(9) | TrackBack(2) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

芸術の秋と私とパパイヤイリチー

芸術の秋なんてクソクラエである。
へっぽこの手も借りたいほど忙しいこの季節、方々から仕事を引き受けていたら、休みが月1日しかなくなってしまった。(半休のようなものはぽちぽちとあるのだけど。)
帰宅すればぐったりである。かまってくれる犬もここにはいない。
書くのが好きで日々のクールダウンのために続けてきたこのページも、とうとう穴あき状態になってしまった。これが一番悲しい。(パジャマのズボンを裏返しに穿いていることに翌朝まで気づかなかったことよりも。)
こんな怒涛の働き蜂状態が、おそらく第九フィーバーまで続くのである。もう笑うっきゃない。(間寛平氏のように。)


地方巡業の際に、スーパーで見つけた青パパイヤ

papaiya.JPG 青パパイヤは野菜です!

パパイヤってトロピカルな果物という顔の他に、“野菜”という非常に硬派な面もあるのだ。
小笠原や沖縄ではフツーに炒め物として食卓にあがるそうで。
私も小笠原でパパイヤのきんぴらをいただいた。

添えられていたレシピに「カリウムやカロチンを多く含み、消化吸収を助け、疲労を回復する働きがあります。」なんて書かれちゃー、こりゃ私のために売られてるのだわとジコチュー早合点。
巡業先からキャスターバッグに入れてお持ち帰り。

切ってみたら、なんと種なし。えーん。 papaiy3.JPG
状態の良さそうな種があったら育ててやろうと思っていたのになぁ。

太目の千切りにしてアク抜きして、豚バラ肉とニンジンと一緒に炒める。
醤油と塩で仕上げ。

papaiy4.JPG パパイヤイリチー。

野菜のパパイヤって奴は、果物のパパイヤほどアタシアタシ的な自己主張をしてこない。
どちらかというとあなた色に染めて的な、ドンジャラのドラ焼き牌のような野菜のようで、しっかり醤油に染まってくれた。食感は瓜に近いかんじ。


最近はスーパーマーケットで「カルシウム!」「食物繊維!」「ビタミン!」などと心の中で呪文を唱えながらお買い物するようになった。
ココロもカラダもオトナになったということでありましょう。(誰ですか老化とか言ってるのは。)

posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | へっぽこの仕事周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

のだめカンタービレ16巻

今日仕事先でボスに「きみ、のだめに出てくるマングースに似てるね」と言われました。


光栄です。








ネタバレ続きを読む
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

コスモス、夕空。

kosm.JPG




                    コスモス一本残す神様の都合   横須賀洋子







posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

就職活動をしています

私じゃなくて、私の友人がである。

長いこと留学していた管楽器奏者の友人が、ついに本帰国した。
再会の場所は母校の学食である。
お互いもういい歳なのにこっそり学生に混ざりつつ、300円のランチを「こんな味だったっけか」なんてブツクサ言いながらの近況報告会になった。

彼女がドイツに渡ったのは大学を出た直後のことだった。
モラトリアムモラトリアムな時を過ごしていたへっぽこ達をよそにさっと海を渡った時はずいぶんまぶしく見えたものだが、帰国したならば彼女は立派なウラシマである。
あそこにあったはずの楽器店が無くなっていたとこぼし、日本のバスの運転手はとても不親切だと嘆き、若い人達はどうしてあんなに着飾っているのと首をかしげる。
話してみればのだめも電車男も知らないのだ。
最近新しく知った日本語(?)は「ニート」だそうで、帰国したてで特に職があるわけでもない自身を“このままではニートになってしまう”と言う。
母校で再会したのは、求人情報やオーディション情報、コンクール案内の大閲覧会を2人でやるためである。

しかし。
10月に入れば募集は少なくなるばかり。
オーケストラでも彼女の楽器に空席はなかった。
残念ながらめぼしい情報は見あたらなかったので、へっぽこ社会人の先輩として彼女に2つだけ伝えた。

●仕事のことを「バイト」なんて言わないこと!
●帰国してたった3日で彼氏をこさえてしまう君なら、永久就職も夢じゃないぞ!

posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | へっぽこの仕事周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

茶・プリン

静岡のおみやげをいただきました。

その名も茶・プリン。 tyap.JPG

こりゃまたスゴイネーミング。
絶妙なところに点が打たれているよ。
GYOKUROを名乗っちゃうあたりもさすが静岡の妙技だなと感心し続けていたのだけど、まだまだ茶・プリン様はその手を緩めない。

tyap1.JPG まぁ、なんてお茶芽でしょう。

しかも中から出てきた能書きもとってもクール。

微妙な味のハーモニー! zetum.JPG

いつの間にか「茶ップリン」になってるし。点はどうし茶ったのかな?
お皿にあけて愛でてあげようとしたら、こんなんなりました。

konvv.JPG 容器を潰し茶った。

もう静岡様の妙技にこちらは冷静じゃいられませんてば。
お味は微妙どころか絶妙に良かったです。ほろ苦い抹茶ソース付き。
ごちそうさまでし茶。ありがとうございまし茶。

posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | お茶いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。