2006年10月06日

モーツァルトと量子力学/糸川英夫

モノとカネだけでは人の心は埋められない。心の空白を満たし、人々に満足を与えるのは、科学と芸術と宗教である―。若き日、量子力学に感動して科学の道に進み、美しい音楽に魅了されて今もチェロを奏でつづけるマルチ人間糸川博士が、身の回りのさまざまな出来事から社会現象まで、芸術と科学の両方の視点から縦横無尽に切る、ちょっと辛口のエッセイ集。
(「BOOK」データベースより)


私はモーツァルトを知らない。量子力学も知らない。(知ったかぶりはしている。)
知らないにしてもなぜこんなタイトルが生まれたのか大いに興味が湧いたのだが、その謎は前書きを読んで解決した。

イトカワ先生の言葉をここに記せば、「過去は他人なのである」。
マルチ人間と呼ばれ、多方面ですばらしい業績を残した人ならではの言葉。
その一方で、過去になった他人から新しく学ぶことは多い。
すなわち、当の本人は他人である過去に生きているのも事実なのである。
モーツァルトと量子力学。
このタイトルが過去と今日を結ぶ重要な架け橋になっている。


イトカワ先生はクラシック音楽を愛するチェロ弾きであった。
この本はもう20年以上前に書かれているが、日本社会におけるクラシック音楽界を、昔にしても現在にしても言い得て妙であり、なかなか爽快だ。


ポピュラーや歌謡曲はエンターテインメントだけど、クラシック音楽はエンターテインメントではなく「おべんきょう」するものだ、というフンイキが私には気に入らないのである。

批判より学習、感動より「分かったか分からないか」を考える方が強い。

教育に問題があるのは事実だが、原因はそればかりではないだろう。
「クラシックはどうも分からなくて」「肩が凝って」なんて言わなくていいのである。
それを聞くたびに私はなんだか悲しくなるのだ。
音楽は「分かるか分からないか」で聴くものではない。
本質はもっとシンプルなはずで、音楽は「好きか嫌いか」「感動したかしないか」「おもしろいかおもしろくないのか」、それだけなのである。
人類共通の財宝とはそうあるはずだ。


イトカワ先生、20年前も今も、多くは変わっていません。
でも音楽に垣根を持たない若い人が増えてきていると思うし、私達は未来のファンを育てる努力もしています。


モーツァルトと量子力学モーツァルトと量子力学
糸川 英夫

PHP研究所 1990-03
売り上げランキング : 671014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




私が一番好きなイトカワ先生。
http://www.isas.ac.jp/ISASnews/No.217/ISASnews217.html
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | クラシック音楽の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

温泉卵の味噌漬け

ここにオンタマがいます。 ontami.JPG


すじこの味噌漬けでゴハンをおいし〜く食べられる味噌漬けの技を得て以来、私の脳みそは大豆化してしまったようです。
食い意地の張った記憶力はますます冴える一方で、「いつだったかテレビの料理番組で、どこかの高級料亭がこんなメニューを出していたなぁ」と思い出して作ってみたのが、温泉卵の味噌漬け

味噌に酒とみりんをお好み量で加えて、まぜまぜ。
そこにやや固めに茹でた温泉卵の黄身を一晩漬け込むだけです。
味噌は卵の表面に塗るくらいの量でも充分。
今回は温泉卵をちょっと失敗してゆるめにできてしまったので、白身ごと一緒に漬け込みました。(そんな場合は温泉卵の水分を少しでも抜いておく。)

ontami1.JPG ほうら、ごらんよ。

ね、いいでしょう?珍味なり。
ねっとりして、お出汁がよくしみこんで、これでゴハンがますますウマイ。
漬けるのは一晩で充分。
2日くらい漬け込むと、塩分がかなり攻撃的になります。
味噌がまだ元気なようなら、半端な残り野菜をテキトーに漬け込んだり、肉野菜炒めの味噌風味にでもして使ってしまいましょう。



次はどこかの居酒屋で食べた“豆腐の味噌漬け”にします。
posted by どみ at 23:59| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

まだまだベランダトマト

トマトがまだまだヤル気。
10月になってからも花を咲かせ、実をつけています。ありがたや。

こいつは赤くなるかなぁ。 toma103.JPG

葉が枯れても実はなる、という事実。
この季節になればさすがに赤くなるにも時間がかかるようで、しばーらく緑のままでいるようです。
鉢を含めた高さは2mを超えます。ファインダーを覗いてシャッターを切れない高さ。
どうやら私の計算が甘かったようで、ベランダにある植物たち(ハカラメ2鉢、バジル、紫蘇)はどれも巨大にぶくぶくと太り続けています。想定外でした。
トマトが枯れたら、枝葉をじゃきじゃきと切って燃えるゴミに出して、広くなったベランダでお布団を干すのが私の独居生活の夢なのですが、まだまだムリっす。

toma1031.JPG へそまがり。

小指の先っちょくらいしかないこいつは、世の中をナナメから見ています。
何か不満があるのでしょう。聞かないことにします。


posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉢植えの花・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

庭アボ、辛抱のとき。

あぁ、冬が来るよ。 
どーしよーねぇ。どうする?

avo1042.JPG 庭アボのもーぜさん。

といいますか、冬が来ようが氷河期が来ようがもうどうしようもできません。
なぜなら、もーぜさんは既に北関東の地に根を下ろしてしまっているからです。(ハイ、私が植えました。)
中南米生まれのヒスパニックボーイであるアボカドには、ヤポンの寒さは酷なことでしょう。
しかし、これを乗り越えなければ世界60億人のアボカディアンに未来はないのですっ。(ここで机を拳でどん、と。)
冷たい赤城おろしに耐えてこそ、ウマイアボカドに生長するのですっ。(ここで立ち上がる。)
とは言え、もしうちの実家が大富豪だったら庭にアボカド専用のコタツでも用意してやりたいくらいですが、残念ながら霜よけに稲藁でも敷いてやるしかできません。(ここで意気消沈し座る。)
今年5月に地植えにしたもーぜさん。
高さを測ってみたら、80cmほどになっていました。


鉢植え組。 avo1041.JPG 

まだひよっこの君たちは、冬の間は縁側の室内に移動。
来春に地植えにしてあげます。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | アボカド栽培記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

ぶらりラゾーナ川崎

razon.JPG 仕事帰りにぶらり、ラゾーナ川崎

ラゾーナなのかナゾーラなのか、行った今でもよく思い出せません。(笑)
季節のお洋服でも見たかったのだけど、オープンほやほやですごい人人人でございますことよ。即戦意喪失。

1階のスーパーマーケットがとても充実しておりました。(主婦か、わたしは。笑)
この床面積の広さはすばらしい。川崎の駅前なのにまるで北関東サイズ。うれしいわぁ。
私が今住んでいるあたりは商店街パワーが強く、こんな大きなスーパーはないのです。
そう、何しろ東京のスーパーは店が小さい。品揃えもあまり良くない。(引越しして初めて知った。)
東京だから何でも手に入るのかと思ったら大間違いで、食料品とホームセンター系(日用雑貨や消耗品など)の品揃えとお値段は断然北関東の郊外型店舗のほうが良いのでした。
その北関東サイズの魅力を保ちつつも、なかなかオハイソな輸入野菜や果物なども置いてあり、そのあたりはまぁカワサキ。さすがヨコハマの部下だけある。(笑)
緑色の完熟トマトとか沖縄産シカクマメとかあったもんね。

マッシュルームのお徳用パックが激安だったので、3袋まとめ買い。
ホクトのマイタケなんて1袋39円、これも買い。
きのこのピクルスを作りだめするんだ。

お野菜でいっぱいの買い物袋を持って電車に乗るなんて、去年の今頃じゃ考えられなかったんだけどなー。
時が流れるのは早いことよと、しみじみ思ってみたり。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

おうちに帰ろう

jyo1006.JPG



                   足もとはもうまつくらや秋の暮    草間時彦(桜山)




posted by どみ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「私のふるさと」【ブログdeフォトコンテスト応募作品】

20060815.JPG




ファイル容量:55KB

タイトル: 
応募部門:第7回 夏の匂い部門 
撮影者: どみ
撮影機材: Panasonic LUMIX DMC-LS1
撮影日: 2006/08/15
撮影データ: 不明
被写体の情報:ひまわり 
使用ソフト: Photo Impresson
コメント: 
コンクリートジャングル東京に単身で上京して3ヶ月。
盆に実家に帰省した時、それまで見慣れていたはずの田舎の風景がより鮮やかに見えたような気がして、そっとカメラで切り取りました。
ひまわり、緑が広がる水田、青くて高い空。
ポッケに大切にしまって東京へ持ち帰りました。 





第七回ブログdeフォトコンテスト「夏の匂い」部門に応募してます。
お気に入り写真を見つけたら投票してみてくださいな。

作品応募ページへ
下部にスクロールしていくと作品ページがあります。
posted by どみ at 23:59| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 季節のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

えりんぎ。

ering.JPG


疲れた日は、こんなことして遊んでみたくなるわけです。ふはは。ハァ。orz



posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

9002 ハニーブッシュ

南アフリカに自生するハーブティー。蜂蜜のような甘い芳香と、すっきりした味わいが魅力。カフェインを含まず、ミネラルは豊富です。たっぷりどうぞ。
(ルピシアHPより)

弱火で10分ほど煮出して、ホットティーに。
茶葉の見た目は「木屑?」という感じ。香りはほぼ、赤ルイボス。

能書きには「甘い芳香」とあるけれど、お味も実際にほんのり甘い。
弱火10分はちょっとパンチが足りないかも。強火でも良かったかな。
ルイボスほどクセも強くなく、わりと素直でおだやか。
というようにルイボスとの比較に終始してしまうあたりが、イマイチ個性に欠けるということかな。(笑)
とは言え、新宿歌舞伎町のような香料ムキダシで個性を主張するフレーバードティーなどよりは断然よろしい。
ノンカフェインのお茶を飲みたいならば、腰抜けデカフェよりもこっち。



ぞろぞろと秋の新製品がでましたわよ。
「アダージョ」
「ピッコロ」
「スウィートドリームス!」
癒し系の新作CDか何かかと思えば、これぜんぶ新作のブレンドハーブティーやフレーバードルイボスティー。
その名を聞いただけではなんだかわからないあたりが、さすがルピシア。
いいぞ。そのまま仮装行列路線まっしぐらだ!
posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ルピシア(ウェルネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

のだめがどうとか、ドラマがどうとか。

お盆に帰省した時のこと。
客間のテーブルにスポーツ新聞の切り抜きが置かれていた。
なんだか私に見てもらうのを待っていたかのようにさりげなくわざとらしくあったので、やさしい私はちゃんと見てあげた。

そこに書かれていたのは
のだめカンタービレ、テレビドラマ化につき撮影用オーケストラメンバー募集」。

母曰く、親戚のおじさんがわざわざ切り抜いて、盆参りに持ってきたのだという。
「○○ちゃんは何か楽器やっているんだろう?ヒマなんだろうからこういうの応募してみたら?」ですと。

何か楽器とはなんじゃ。しかもオヒマ扱いすんなバカっ。
それに私が公演に招待券を出してあげたのにアンタ来なかったんべがね。

というのは声には出さなかったが、あののだめちんがテレビになることをそこで初めて知ったのである。

うーん。
見たいような。見たくないような。

紙上ののだめカンタービレは、私の中では既に完成形なのである。
紙から充分に音は聴こえてくるのである。
よって連続ドラマだろうがアニメだろうが、以上でも以下でも、私にはのだめカンタービレじゃないのである。

それなら別作品のつもりで見れば結構おもしろいのじゃないか、と自分で思うのだが、そうするとドラマの細部にケチつけそうで、そんな大人げない自分がイヤなのである。要するに、私は半人前のワガママなのである。

でも、のだめちんと二ノ宮大先生のおかげで、クラシックに興味を持ってくれる若いお客さんが増えた気がする。
だから、ドラマ化はちょっとうれしいのだ。
「クラシックはどうもわからなくて〜」なんて言葉を聴く度に私は悲しくなるのだが(音楽ってわかるわからないで聴くものじゃないだろう)、のだめを読んでいる人はそんなこと言わないのである。
ホール帰りに駅で中高生らしき制服の集団に遭遇することがあるが、演奏会のプログラムを手にわいのわいのとおしゃべりしている彼ら彼女らを見ると、そっと「のだめ読んだでしょ?また来てね」と心から語りかけるのだ。


のだめオケオーディション、じつは知り合いが合格していた。
録音用と撮影用の2種類のオーケストラがあるそうで、2週間ほど前から撮影が始まっていると言う。
のちのちサントラCD(?)も出るようだ。

posted by どみ at 23:59| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。